乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

病理の結果。

先日の告知から、先週末、再度の受診。

病理結果が出た。


大小二つのポリープを切除。

小さい方は1Ommほどで、これは良性。
大きな方は25×18×16mm,
S状結腸の高分化腺がん。

深達度SM、
ステージ1の
SM1との診断。

がんは粘膜下層まで及んでいたが
そのうちでも浅い方であるということ。
(下層深部の場合は早期でも5~10%程度
リンパ節への転移の可能性がある、
ということだった)
今回の判定では転移は認められないとのこと。

検査報告書を見ると、
「断端陰性(深部)」と記載してあった。

この言葉をどんなに待っていたことか…!


今後は半年毎の内視鏡検査を2回、
その後は年1回の内視鏡検査を3年、
というフォローとなった。


結果が出たその日は嬉しかったが、
次第になぜかブルーな気持になる。


とにかく結果が出るまでは
日常や仕事に支障のないよう、
あまり考え込まないようにしていたが、
結果が出てほっとすると同時に。

昨年でとりあえずの終結、と思っていたのに
再びオペをすることになった、ということ。
そして転移でも再発でもない
新たな原発性のがんがあった、
という事実をあらためて考えると、
何とも言えない気分となったのだった。


乳がんの場合は
オペ前にいろいろ検査ができ、
その分情報検索も、心構えもする時間があったが、
今回は取ってみないといろいろなことがわからない…という点が
不安でもあった。


しかし、この短期間に
原発2つって…



とはいえ、
早期の段階で
がんであることが分かったのは
本当にラッキーだったと思う。


と、Dr.にも言われた。


ちなみに
今回のDr.はきわめて分かりやすく
丁寧に説明して下さいました。


もうしばらくがんの心配はしたくない…




オペ前には、
ちょっと不思議なシンクロニシティなど
あったけれど、
落着いてからまた書くこととします。





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-10 19:28 | 病院治療