乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ゾラデックス最終日。

本日は待ちに待った、
ゾラデックス24打目、最終日だった。

病院に着くと
いつもより待合室が込んでいて、
2時間ちょっと待ち…というところだろうか。
たくさんの患者に対応してきた我が主治医は
疲れも見せずに対応してくれた。
こちらから何か言う前に
「最後だね!」と(笑)

ゾラデックスに感謝はしているけれど
もうお世話になりたくはないですよ…

来月の診察で今後の方針や計画がきまると思う。

終わって、
いつも漢方を処方してくれた
腫瘍内科のDr.にも経過を報告。


帰り際にバッタリ知人に会った。
病院で知り合ったわけではなく、
あるところでお会いしていたのが
たまたま主治医が一緒だったことが分かり
治療談義などしたが、
彼女は
9年前に温存・リンパ切除ののち、
ホルモン治療5年がすんでから
骨転移したという。

標準治療の他にも
保険外治療、東洋医学などをやっているという
話をする。

ステージも治療内容も違うけれど、
治療が奏功するのも
ほんとうにタイミングですね、というところに
話が落着いた。

誰かに奏功した治療でも
体力や治療の状況など、さまざまな
タイミングが合わなければ
それが効くとは限らない。

甥の例を考えても、
(白血病は治癒した、と言われていたのに
肺炎で落命した)
タイミングも運もあるのだろう、
とやはり思う。

私よりも長く治療を続け、
身体を張って仕事を続けている彼女を思うと
なんだか
ゾラ終わりっ!!と浮かれそうな気持も
ちょっとしぼんだけれど、
とても他人事とは思えないし、
だからこそ
こうしてまた今日という一日を
与えられているということの意味や
そしてまたあらためて
この病とのおつきあいは一生もんだよなあ、
という感慨に耽った。
今年は特に周りで亡くなった方も多かったので…

それでも、
ゾラデックスの終わりは
自分にとって、
ひとつの区切りであることは確かなこと。

この2年の経過を思うと
がんばってくれた自分の身体もありがとう、だし
ダメダメな状態を支えてくれたツレや
さりげない気遣いをして下さった友人達、
エールを送っていただいたり、
さまざまな情報を教えてくれたブロ友さんたちに
感謝です。



「悪いこと」というのも
そのときの受け止め方であって、
どんなにひどいと思えることであっても
自分がその中に
何を見つけて学べるかで
受け取り方が変わってくる、
というのが
ここ4年ばかり
大変なことの連続だった中から
得たことでもある。
もちろん、時間はかかるけれど…


未だ続く
ゾラデックス後特有の
頭痛はまだ続いていますが、
それをしみじみ味わいながら(笑)
明日に向かい歩いて行こう、と思います。


どんな明日であっても、ね。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-11-10 22:04 | ホルモン療法