乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

第2次乳房再建入院〜その1



というわけで、
3/3の午後に病棟入り。

部屋に入り、様々な準備をしている間に
担当ナースの聞き取り、
麻酔医の聞き取り、
オペナースの聞き取りなどがあり、
結構バタバタしている。

今回はインプラント(シリコン)移植のため、
全額自費となる。
担当ナースに細かく金額を聞く。
使用する薬品の金額、食費など。
薬品はジェネリックを使用してくれるとのことで、
さほどの金額でもなくほっとした、
岷剤(ソレントミン) 8,4円
座薬 15,7円
など。

形成の主治医も来てくれる。
明日は8時半から点滴準備や浣腸など。
10時頃から1時間半ほどの予定、と。
シリコンはコヒーシブ(表面のざらざらしたもの)、
術後マッサージのいらないタイプである。
見本はないとのことなので、明日麻酔をして意識のあるうちに
見せてもらうことに。
見本がないのは患者として不安を感じることを伝えた。

やっと落ち着いたのが夕方。
仕事のアシスタントの女性がお見舞いにきてくれる。
結局仕事の話になってしまうのだった…
17時半過ぎから19時半頃まで話した後、
彼女が帰り、
シャワータイム。
エキスパンダーの胸も今夜で最後、と思うとちょっとしみじみする。
鏡越しに、自分の胸を眺める。

その後、友人が今回の入院用に作ってくれたコンピレーションCD を聴きながら、
友人のアロマセラピストが
私のために作ってくれたブレンドオイルで手足をマッサージ。
お見舞いや激励のメールも来る。

胸の写真を撮る。
前の日は5時間弱の睡眠で眠かったので、
21時過ぎ。ドラール、メイラックスを1錠ずつ、下剤も服用。
21時半には眠ったが、2時過ぎには目が覚める。
疲れているはずなのに
やはり脳が過覚醒していたのか、
それとも岷剤に慣れてしまったのか…
レンドルミン半錠をもらい、しばらくはメールなどして
そのうちうとうとしているともう6時半。
ナースが様子を見に来る。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-03-08 11:43 | 2次再建