乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ゴスペル( 18 )

今年のRFL in 新横浜

前回の日記でも書きましたが、
リレーフォーライフで
今年もゴスペルを歌って参りました。


19時本番の前に
15時から2時間40分くらいのリハーサル。

その最後に、
クワイアのメンバーに向けて
なぜ出演することになったか、
という関わりを話しました。

父ががんで他界した4ヶ月後に
自分も告知されたこと。
初めて自分のこととして「死」と向き合ったこと。
そんな混乱状態の中で
ゴスペルとの関わりがとても深くなったこと。

さらりとかいつまんで話したつもりだったけれど、
自分の声も少し震えていたし、
それを聞いてくれたメンバーの中から
鼻をすする音が聞こえた。

さまざまな場面でカミングアウトはしてきたけれど、
返って辛い目にあうこともあり、
話すことには逡巡があったのも事実。


でも、
わたしのことだけでなく、
「がんは切れば終わるものではなく、
そこからが勝負」ということにも少し触れ
(あまり知られていないから)
今つらい治療をしているひとたちのことを思い、
エールを届けたい、
という気持に
メンバーの中の方も共感してくれたのでは、
と思っています。勝手にですが。


クワイアディレクターも
サバイバーであるので
そのあとに実感のこもった言葉を添えてくれた。


そして本番に臨む。

日はとっぷりと暮れ、
広いグラウンドには、
亡くなった方への思いや、
闘病中の方の思いが
描かれた灯籠(ルミナリエ)が並んでいる。


今生きていることへの感謝の歌、
どんなにつらいことがあっても
あなたは絶対にそれを乗り越えられるという歌、
わたしは亡くなってもタマシイはそこにいるんだよ、という歌、
など、
7曲を歌う。


途中で少し MCもさせてもらった。


終わって、グラウンドに出たら
治療仲間が来ていて、少し立ち話。
久しぶりに会え、元気そうで嬉しかった。

歩き始めたら、
声をかけてくれた女性がいた。
「輝いていましたよ」と言って下さり、
とても嬉しかった。

そして、
お互いの病気のことを話し
来年、またここで会いましょう!
と約束して別れた。


今回は足指骨折をしていたので
思うようなパフォーマンスも出来ず、
悔しい気持もあったけれど、
迷う気持の後押しや
現実的なサポートをしてくださったみなさまのおかげで、
無事に終えることが出来ました。


そしてRFLのスタッフの皆様、
参加グループの皆様、
本当にありがとう&お疲れさまです。

夜通しの作業なので
どうぞ
風邪など召しませぬよう。



ステージに椅子まで用意して、
歌の合間では座っていたけれど、
アップテンポの曲では
やっぱり踊っちまったぜ、自分…

そして今年もルミナリエの写真、
取り損ねた…



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2010-09-19 15:52 | ゴスペル
昨年、 お話をいただき
実現した
リレーフォーライフでのゴスペルライブ。

今年も新横浜のリレーフォーライフに
クワイアで出演し
ゴスペルを歌わせていただきます。
感謝。



昨年の参加時。
日が沈み、
それぞれに祈りや鎮魂のコトバやイラストが描かれたルミナリエに
灯りが灯り、
空に月が浮かんで。
そこに皆の歌声が静かに溶けるように
響いて行った風景は、
今も強く印象に残っています。

ダンスでも歌でも、
「自我」を超えたところで
ひとつになっていく、
というのはこの上もなく気持がいい。

そういう瞬間が、
所属するクワイアでも
まだほんの少しだけれど
感じられるときが出てきた。


そして、
サバイバーである自分としては
やはりリレーフォーライフは
特別な意味合いを持つイベントである。



…が、
金曜の夜に
足指を骨折してしまった。

すぐに救急に行き処置。
右足薬指基折骨骨折で
最低1週間の安静。

テーピングで固定し、
骨が接合するのをじっと待っております。

全治には1ヶ月半ほどかかるとのこと。

松葉杖を借りて来て
外出時には使っているが、
不慣れなため疲弊もする。

ホルモン療法で
骨密度が低くなっているのを
3月の検査で確認していたが、
折れたのは、
そのせいもあるかなあ。

問題は直りの速度だ。
加齢とともに、回復力も落ちているのが通常だ。

日曜からは
大学時代の恩師を囲んでのゼミ旅行もあったのだが、
当然キャンセル(泣)
これは致し方なし。

でも、18日土曜のステージに出られるかどうか…

医者は当然のように
やめておいたほうがよい、と言うが…

とりあえず、
木曜の診察で
再々レントゲンを撮り
接合具合を確認して
それ次第で考えようかと。

ステージに立ったら
何事もなかったような顔をしてやってしまうことが
むしろ自然な自分なので
そうしてしまいそうで怖いのですが。

アップテンポでステップを踏んだり、
クラップしたりする曲もあり…


松葉杖でステージというのは
どうなんだろうか?


悩む。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2010-09-12 20:47 | ゴスペル

明日もライブ

突然ですが、
明日、病院でライブを行います。

我がクワイアは
新しい試みをいろいろ取り入れている最中で、
強力なプロジェクトチームのもと
私も一役買い、
「アルファ&オメガ」という曲で
ソロの キャンドル・パフォーマンスをすることになった。
はじめての試みです。

キャンドルは
いのちの輝きでもあり、
希望の火でもある。

どんなに小さな灯でも、
それがあることで周りを明るく照らす。

闇夜、心細いときに
一軒の家の灯りが、気持を暖かくしてくれるように。

今病院にいて、
退屈しているひともいよう。
検査の結果を不安に待っているひともいよう。
もうすぐ退院で、うきうきしているひともいよう。
生と死の狭間かもしれない、と苦しい思いをしているひともいよう。
術後、喪失感を感じているひともいよう。

それらすべてのひとへ。


たかが8分に全身全霊、身体を張って臨む所存。
役者バカのタマシイはダンサーバカにも引き継がれているのであった。

病院こそ、
「希望」という名の灯火が必要なところだと
私は思っているから。


お時間のある方、
どうぞいらしてください。
どなたでも入れます。
無料です。

ホテルのラウンジかと見紛うばかりの
美しい夜景の見えるホールです。

そして周りはオシャレな町並みです(笑)


☆12/15(火)ゴスペルクリスマスナイト

17:00開場
17:30開演
18:30終了
予定です。

◆場所:東京大学医科学研究所附属病院 病院棟8Fトミーホール
   (南北線「白金台」駅から徒歩1分)
http://www.transrec.jp/access/accessmap.html#map07

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-12-14 22:38 | ゴスペル
ゴスペルライブをやります。

もちろん無料です。

お買物がてら
お時間があれば
いらしてくださいませ。

16時50分〜17時40分予定。

50人のメンバーがそろって
クリスマスには欠かせないあの名曲や
コンテンポラリーゴスペルの名曲など、
しみじみしたものからノリノリのものまで。

亡くなった方を偲ぶ曲もあるし、
今とてもつらい状況にいても
必ずその試練は乗り越えられるよ、
というメッセージの歌もあります。



クワイアのメンバーには
現在闘病している人もいます。

今、元気がなくても
ココロの中に少しの希望の火が灯れば…

という気持で…




明日を控えて
なかなか寝付けないが。


明日はガッツリ歌うぞ!



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-12-06 01:50 | ゴスペル
リレーフォーライフin 新横浜での
私たちのクワイアの出番は
18時過ぎからだった。

会場に移動して、
刻々と日が暮れてゆくグラウンド。
そしてその中で徐々に輝き始めるルミナリエ。
サバイバーズラップをする人々。

空に昇った
赤いきれいな三日月を見ながら、
6曲を歌った。


ステージで短いスピーチをさせていただいた。

スピーチでは
自分も治療中のサバイバーであること、
今回のステージでは
現在治療中の方へ応援の気持ちを込めて、
そして一足先に旅立ってしまった方の魂が
平和で安らかな時間を送られるように
祈りを込めて 歌いたい、
との気持が強くあったので
そんなことを少し話した。


昨年亡くなった友達のNちゃん、
今年亡くなった演出家のKさん。
彼らを思った。

クワイアにも家族をがんで亡くした方もいる。

きっとみんなも
いろいろな人のことを思い浮かべて歌ったことと思う。

6曲目の「alpha & omega」、
最後はアカペラで歌いました。

歌声が
空に溶けて行くようで。

亡くなった、たくさんの方たちの
魂に届いてくれたなら、いいなあ。

がんではないひとにも
同情でなく、理解と共感が
得られればいいなあ。


RFL in 新横浜の実行委員の皆様、
参加の皆様、
お疲れさまでした。
そしてありがとう。

ステージを終えて
クワイアのメンバー全員で
フィールドを歩きました。
涙の余韻を残しつつ。
「サバイバーの方からいただいたものが沢山あった」
「今回歌わせていただいてよかった」という声を
聞きました。


メンバーの中には、ルミナリエに参加した方もいたり。
(私はしそびれた…残念!)


がんになってから、
死は見えなくとも
リアルにいつもここにあるものと考えよう、
と思っている。

大好きな誰かが逝ってしまうのも
本当に突然だし、悲しいことだ。


だからこそ、
今を生きることの大切さを感じながら。
そして思い通りにならない時間を
それでも耐えながら生きることの
重みを感じながら。

そして愛していた誰かから
いただいたものの大きさを
いつまでもいつまでも感じながら。



ー★そして嬉しきこと3題★ー

…終わって、
サバイバーズラップをしていたら、
ブロ友のぴよまむさん♪がいらしていて
声をかけてくれた。

ブログを通して
同じ病ということ、
そして同じくゴスペルLOVEな方に出会い、
実際にもお目にかかることができて
本当に嬉しかった。
見て下さってありがとうございます。
(寒い中、グラウンドに座って見ていて下さった。
冷えさせちゃって、ごめんね…)

私ががんであることは
クワイアの一部の人にしか話していなかったが、
こういうカタチで自然にカミングアウトでき、
(おそらく多くの人はもう知っていたと思うが)
またスピーチへの感想をいただくこともできた。
それもとても嬉しいことだった。


打ち上げ会場へ向かう道を歩いていたら
私の足許に3つの花がついた白いカーネーションが一輪、
落ちていた。

?と思って何気なく拾い上げたけれど、
これも今日の祝福なのかもしれないな、とふと思った。


…なんだか一区切りついた感じがしています。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-09-24 20:22 | ゴスペル

大泣き。

昨日、リレーフォーライフ出演本番に先立って
ゴスペルの3時間練習。

今回歌う6曲を
もう一度、
注意点に気をつけながらの
返し練習と、
本番と同じく通してリハ練する。

ここでも何度か書いているが、
「more than i can bear」という曲があり、
父の末期がんの看取りの最中にずっと練習していたものだった。
その後自分が告知されてからも
この曲が支えになっていた時期があった。

そしてこの曲は
指導してくれている先生にリクエストし、
セットリストに入っていた。

練習のとき、
この曲を歌ったあと
先生がふと、「…感慨深いですね」と呟いた。

そして最後の曲。
「alpha & omega」という、
静かでいて
そのリフレインが
切々と心に沁みてくる
バラード風の曲の仕上げをしていたときのこと。

突然、
ぐっと感情がこみ上げてきた。
具体的にコレ、ということでもなかった。

涙がぼろぼろ出てきた。
なんとか冷静になって
歌い続けようとしても、
嗚咽すら出てきそうになる。

ああ、もう無理だ。
泣きたい自分の何かに従おう。
と明確に思ったわけではないが、
泣くことを止めようとあらがうのをやめた。

ぽろぽろというよりは、
ぼろぼろ、あとからあとから。

途中で先生が
私の肩に手をかけた。

誰かがティッシュを渡してくれた。

曲の最後の方で、
少し持ち直して、
ようやく歌うことができた。

曲が終わった。

本番と同じく、
私は一番前の列で、
後ろの様子は全く分からなかったのだが
他にも何人も、泣いていたらしい。
いつもあまり感情を出さない先生も。

「もらい泣きしちゃったよ」と
同じアルトのメンバーからも言われた。

人前では滅多に泣かない自分が
40人ものひとがいるところでで泣いたのは
初めてだったかもしれない。

でも、本番前に泣けてよかった。
何となく、
この日は泣きそうな予感がしていたから。


「alpha& omega」


…そしてみんなでRFLの会場へ向かった。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-09-23 18:01 | ゴスペル
10月末で
最初の乳がん摘出手術からまる2年。
(その後も3回のオペをやりましたが)

2年とは思えないくらい、
いろいろな体験をした。
つらいことも、
嬉しかったことも、
奇跡的なことも。


そして今年の大腸がん摘出からは
4ヶ月ほど。

気力と体力が(恒常的に)戻ってきたなあ、と思えたのは
今年の6月くらいからだった。
(ほぼ1年半はかかっているというわけです。)

それでも、
動きたい、
何かをしたい、
という気持が高まっても
身体はなかなかイエス、と言ってくれない。

なので
体力と気持の間に齟齬ができ、
それでココロが揺れ動いたり
落ち込んだり
という日々を
この春まで体験してきた。

(とはいえ、オペの合間も
ほそぼそと仕事は続けてはきていたし、
病気でそれに支障を来すこともなかった。
まあ、常勤の仕事でなかったからというのも
大きいと思います)

けれど、
気力のでない状態は、とてもつらかった。

動きたくても動けない、ということもあったし、
気持は焦りを感じていても
身体はまだまだ回復していない、というメッセージを
ところどころで送ってくる。



動き始めたい、というエネルギーが
出口を失い、
身体の中でぐるぐるするしかない。

そういう状態が鬱状態である、
という文章を
昔田口ランディのエッセイで読んだことがあったが、
それに近いものだったのかもしれない。

がんに伴うメンタリティの問題は
デリケートなことなので
お書きになっている方も少ないと思うが、
自分の経験からでは
あきらかに
メンタリティと体力や気力は関係している。


それがやっと抜けたかな、と思えた6月以降。

たまたま見つけた記事で、
Kirk Frankllinの来日を知った。

そしてクワイアのメンバーにも情報を送り、
すぐにチケットをとるべく動き始めたのだった。


今日は疲れましたので、
また明日…
☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-09-18 02:06 | ゴスペル
こちらはゴスペルクワイアでの出演。

<リレーフォーライフとは?>

リレー・フォー・ライフとは、
1985年にアメリカ・ワシントン州シアトル郊外で、
アメリカ対がん協会のゴルディー・クラット医師が始めたイベントです。
マラソンが得意なクラット氏が大学の陸上競技場を24時間回り続けるなか、
友人たちは30分間だけ医師と一緒に回るごとに25ドルずつ寄付しました。
その結果、1日で2万7千$が集まりました。
参加者を増やすために翌年からは医師、患者やその家族、
友人が数人ずつのチームを組むリレー形式になりました。
24時間歩き続けるなかで、参加者の間にがんと闘う連帯感が生まれたのです。
単なる資金集めのイベントとしてではなく、
地域社会全体でがんと闘うための連帯感を育む場として、
リレー・フォー・ライフは大きく広がり、現在では全米4000カ所以上、
世界20ヶ国以上で行われるようになりました。

開催方法は様々だが、共通するプログラムとして
「サバイバーズ・ラップ」(がんと闘う人たちの勇気を称え、
がん患者やがんを克服した人たちが歩く)、
「ルミナリエ」(がんで亡くなった人たちを偲び、
一人ひとりの名前を記した紙袋の中にろうそくを灯して並べる)
などがあります。
ほかにバンド演奏、ゲーム、バーベキューなど
様々なイベントで盛り上がります。
(RFL新横浜のHPより抜粋)

詳細はコチラをご覧下さい。


日時:9月22日(火)18時過ぎから40分ほど

場所: 日産フィールド小机


エントリーフィー:1000円



この日の夜はルミナリエ。

今、つらい治療に耐えている方
一足先に旅立った方
ご家族や友人の方
治療者の方など
多くの方の魂に向けて
祈りを込めて歌いたいです。

今回はこんな曲たちを…
1.In The Sanctuary
2.Kumbaya
3.My Life,My Love,My All
4.More Than I Can Bear
5.Mighty Long Way
6.Alpha & Omega

さっき、自分の記録を読み返していたら
ほんの3か月くらい前までは
まだまだ体調が不安定でした。
小さいものとはいえ、
大腸がんも摘出したばかりでしたし。

それが今は人前で歌えるくらいになり。
それも、
がん仲間の前で歌えるということに
本当に大きな意味を感じています。

ちらりとMCもする予定です。
歌のあとはリレーウォークもします。
ルミナリエにも参加します。

お気軽に声をかけていただけると嬉しいです♪♪


「My Life〜」は翌日の10時からのステージで
友人のSさんがダンスに選んだ曲でもあります。
(合宿やWSの合間に私がいつもかけていたので
気になっていたらしいです。どう踊るのか、楽しみ♪)

今週金曜から
Kirk Franklinのライブ
自分のWS
シンポジウム出演と続き、
締めはこのライブ出演。

気合入れて行きます。

打ち上げにも久々に出るし、
翌日は間違いなく倒れ込んで家で寝ています(笑)



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-09-17 14:17 | ゴスペル
ずっと忙しい日々と
忙しい日々を終えて
アホになっている日々が続いていたので
本日はやっとゴスペルの練習に行った。
通常練習に加え、
特訓でした…!!


知人が実行委員をしており、
横浜のリレーフォーライフの出演の誘いを受けたのですが、
私の所属するクワイアで出演させていただくことに
なりました!

出演は9/22です。
時間はおそらく夕方頃になりそうです。

これからクワイアのディレクターと
曲も選定して行きますが、
クワイアの皆に趣旨を理解してもらって
リレーフォーライフに
ふさわしい歌を選んでいきたいと思います。

今、闘病中の方、
そのご家族やお友達、
治療者の方、
がんで大切なひとをなくされた方。

すべての方のタマシイに届くような歌を
心を込めて歌いたいと思っています。

考えるだけで
今から涙が出る自分ですが
叱咤激励しながら…

私もまだ乳がんのホルモン療法中であり、
大腸がんの予後の身でもあります。

自分も含め、
みなさまのいのちを思って
亡くなられた方のいのちを偲んで
大切に大切に歌いたいです。


お近くの方がいらしたら
また、ご興味のある方がいらしたら
ぜひ足をお運びください。

また詳細はアップします。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-12 00:59 | ゴスペル
久しぶりにゴスペル曲をアップします。
この曲は先月、
今月と教わっているもの。
先生からは
「仕上げるまでに3年かな〜」と言われている…
いつも難しいですが、
これもかな〜り難易度の高い曲。

「HOSANNA」という、
KIRK FRANKLINの(これも)名曲。

元気を出したい時、
ガツンといこうぜ〜!
という時に聞いて下さるといいかも。


ちなみに.
◆HOSANNAの意味
元来ヘブライ語で「救い給え」の意
キリストがエルサレムにはいったとき、歓喜した民衆が叫んだ。
のち、神をたたえる言葉として典礼に用いられた。ホザンナ。(yahoo辞書より)

私はクリスチャンではないけれど、
ゴスペルにはなぜかタマシイを揺り動かされる。

きっと、前世は
ハーレムで歌っていたのだと思いたい(笑)

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ<
[PR]
by holyqueen | 2009-02-07 00:40 | ゴスペル