乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:2次再建( 8 )

再建後3週間経過

2次再建手術後、
3週間が経過した。

先週末くらいまでは
体力の低下が自分でもありありと感じられ、
やはり傷が回復していくには
そこにエネルギーも集中するだろうし、
体全体のバランスが崩れるので
時間がかかるものだなと思う。

けれども、今週は運動指導の仕事にも復帰し
(短い時間だったが)
少しずつ、体力も気分も上向きになっているのを感じる。

胸の右脇は
手術の際に脂肪がそちらに押しやられたのか、
やはりまだ膨らんだまま。
そしてその脂肪?とシリコンの間に、
変なくぼみと言うか、
腕を内側に寄せると皺ができる。
熱感も痛みもないので腫れている訳ではなさそうだ。
右胸全体の変色は先週に比べ少し落ち着いてきた。
が、傷口はまだ赤茶色に筋が入っている。
右だけ、谷間はくっきりしている(笑)
でも全然美乳でないよ…(泣)


美容整形の豊胸と明らかに違うのは、
再建の場合は皮膚のすぐ下に大胸筋があるということ。
つまり、触り心地が硬い。
こればかりはどうしようもないな、と思う。

シリコンや、術式については
こんなサイトがあります。
シリコンの大手メーカー、mentor社によるもので、
乳房再建の手順や、
シリコンそのものの性能についても
わりあい詳細に書いてある。
ただし、術式は個人個人でことなるので
あくまで参考に…と思いますが、
(全摘と部分切除とでは大分違うし)
再建を考える人には読みやすいページだと思う。

医師に対してこういう質問をすべき、
というコーナーまである!
その中に「あなたは美容外科学会の会員ですか?」と
いうものまでありました。
聞いときゃよかった…(笑)

昨年は事実と向き合うこと、
仕事のこと、
混乱を防ぐのに精一杯で、
このページもおそらく見たとは思うが、
記憶にない。

これから再建を考える方には
参考になるかもしれません。
c0154672_2319212.gif

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-03-26 20:38 | 2次再建
3/5。
痛みで、うとうとする程度で、朝起きても起きたなり眠い。
なせか(笑)乳腺外科の主治医も顔を出してくれ、
様子を聞くでもなく私のmac bookを見てまたmac談義(笑)

その後、形成の主治医の回診。
痛みはある。
動くと、みぞおちあたりに痛みが走る。
おそらく変に腹筋に力が入っていると思う。
違和感もある。
まだ形も変だろうと思う。
右脇が腫れている。
とにかく落ち着くまで経過観察しましょうとのこと。
シャワーならOK、
腫れは冷やしてみること。
もしかしたら脂肪が右脇にずれているかもしれないので、
変わらなければ次回に吸引しましょうとのこと。

そして、出血が少なかったので
退院は今日でも明日でもいいですよ、と。
では、と午後退院にする。
ちなみに支払いは485,270円也、

家に帰ると友人からきれいな細長い水晶が届いている。
ネパールの、手掘りのものだという。

c0154672_12352353.jpg


今回、私が連れて行ったお護り?の方(モノ)たち。
前回の入院のときに友人がくれた水晶や、
オーラクレンジングスプレー、
友人のプレゼントのフラワーエッセンスなどなど…


c0154672_12374196.jpg


そして私の一番大事な薬師如来様。
人々の病を癒してくれるお役目があります。
一緒にいると、きれいな光の珠が空間にきらりと見えることがある。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-03-08 12:43 | 2次再建

朝の血圧は92−70、やや低め。
浣腸。少し血便。
浣腸による刺激で、よくあることです、とのこと。
その後Dr.のマーキングがあり、
病室で麻酔準備の点滴が始まる。

今回の担当ナースは前回の手術日と同じKさん。
今回痛みでまた大声出したらごめんなさいね〜、と先に詫びを入れておく(笑)
また、前回果たせなかったので、
今回は病室から手術室までカメラを持って、
ストレッチャーにのせられたまま写真を撮る。
ああいうアングルはなかなか体験できないしね。

手術室では前回と同じく、
オペ中に曲をかけてもらう。
「Always」というタイトルのバラード・ゴスペル。
(クワイアでも歌っている曲で、
昨年のオペの時、終わるまで、リピートして
7時間近くかけてもらっていました。
無意識とDNAに深々と刻み込まれたと思います(笑))

オペはおそらく10時過ぎに開始。
13時頃に終わる。
本日は絶飲食。
病室に戻り点滴。
前回ほどの痛みはないが、
やはり絶対安静の仰臥同体位による腰の痛み出現。
これが何とも辛く、
それで目が覚めてしまう。
何度もナースが様子を見にきてくれるが、
ベッドの角度を上げたいというと、
30℃以上はあげてはいけないとDr.の指示があるので、の一点張り。
夜勤担当主任?のナースに聞きにいってくれるも、
聞きにいった彼女が怒鳴りつけられているのがまる聞こえ。
かわいそうなことをしたな、と思ったけれど、
なぜ30度なのか、
それ以上だと何か弊害があるか説明が欲しかった。
腰痛持ちには(大分軽くはなったが)
腰をのばした状態で長時間仰臥しているのがいちばんきついのである、

低反発の3角形のクッションをひとつだけ借りることができて、
左側を下にした形で少しうとうとできた。
長いような短いような一日。

c0154672_12135955.jpg


点滴しながら病室を出るときのナース、Kさんの手。
エフェクトかけてみました(笑)

c0154672_12152861.jpg


c0154672_12155570.jpg


いよいよ手術室の扉。

c0154672_1217463.jpg
c0154672_12173217.jpg


カメラが使えたのはここまで…





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-03-08 12:18 | 2次再建


というわけで、
3/3の午後に病棟入り。

部屋に入り、様々な準備をしている間に
担当ナースの聞き取り、
麻酔医の聞き取り、
オペナースの聞き取りなどがあり、
結構バタバタしている。

今回はインプラント(シリコン)移植のため、
全額自費となる。
担当ナースに細かく金額を聞く。
使用する薬品の金額、食費など。
薬品はジェネリックを使用してくれるとのことで、
さほどの金額でもなくほっとした、
岷剤(ソレントミン) 8,4円
座薬 15,7円
など。

形成の主治医も来てくれる。
明日は8時半から点滴準備や浣腸など。
10時頃から1時間半ほどの予定、と。
シリコンはコヒーシブ(表面のざらざらしたもの)、
術後マッサージのいらないタイプである。
見本はないとのことなので、明日麻酔をして意識のあるうちに
見せてもらうことに。
見本がないのは患者として不安を感じることを伝えた。

やっと落ち着いたのが夕方。
仕事のアシスタントの女性がお見舞いにきてくれる。
結局仕事の話になってしまうのだった…
17時半過ぎから19時半頃まで話した後、
彼女が帰り、
シャワータイム。
エキスパンダーの胸も今夜で最後、と思うとちょっとしみじみする。
鏡越しに、自分の胸を眺める。

その後、友人が今回の入院用に作ってくれたコンピレーションCD を聴きながら、
友人のアロマセラピストが
私のために作ってくれたブレンドオイルで手足をマッサージ。
お見舞いや激励のメールも来る。

胸の写真を撮る。
前の日は5時間弱の睡眠で眠かったので、
21時過ぎ。ドラール、メイラックスを1錠ずつ、下剤も服用。
21時半には眠ったが、2時過ぎには目が覚める。
疲れているはずなのに
やはり脳が過覚醒していたのか、
それとも岷剤に慣れてしまったのか…
レンドルミン半錠をもらい、しばらくはメールなどして
そのうちうとうとしているともう6時半。
ナースが様子を見に来る。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-03-08 11:43 | 2次再建

最短退院!


3日の午後に病棟入り。
4日の朝に手術。
5日の午後に退院。

Dr.の読みでは4〜5日というところだったが、
思ったよりも出血が少なく
ドレーン(血抜きの管と袋)をつける必要のなかったこと、
また、今回はインプラントなので保険が効かず、
自費診療となるので
そのこともDr.が考慮してくれたようだった。

入院とオペの詳細はまた書きます。

とりあえず家に着いて、
夜から熱発。
夕食後には8℃くらいが
夜中には8、8℃。
朝には7.2℃、午後6.2℃と平熱に。

身体に異物を入れるのだから
当然いろいろな反応が出てくる。

オペの影響で、
身体を折る姿勢をとると
肋膜あたりに痛みが走る。
昨日今日は胃の激痛。
薬のせいかな?と思うけれど
痛むのはちょうど胃の幽門部、
みぞおちのあたり。
精神的に重い問題を抱えている時も
いつも重くなる場所でもある。

思い当たる節もあり、
そのテーマに向けて文章を書いてみたりしている。

いずれにしろ、
高熱を発することは浄化でもあり、
胃痛に関してはまだクリアになっていないけれど
じっとこらえつつ休養します。

やっぱりオペは体力のいるものだと実感する。

画像は病室に持っていったおひなさまと、
お見舞いにいただいたお花。



c0154672_22501547.jpg
c0154672_2257692.jpg



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-03-07 22:52 | 2次再建

今日から入院

昨日は1時頃寝たのに、
6時過ぎには目覚めてしまった。

起きがけに、誰か知っている女性に
身体は嘘をつけないよ、
と言っていた夢を見ていたような気がする、

2回目で、
しかももうがんは切除されているけれど、
それでもやはりオペは辛い。
あの激烈な痛みを体験しているから。

昨日、一昨日と
何となく落ち着かない日々を過ごした。

主治医を信じて、
すべてを受け入れるしかないが、
それでも今は不安を感じているのも事実。

今はいい天気。
今日は気温も12℃くらいまで上がるらしい。
暖かくなってきて
少しずつ春を感じられるようになっていること、
そしておひなさま入院♪で
女性のお祭りの時期にオペ、
というのが
なんとなく背中に強力な応援団をしょっているようにも思え(笑)
まだ起こってもいないことを不安に感じるのはやめよう、と
今思えた。

自分の辿っている道と選択を信じて
すっくりと歩いていこうと思う。

追記。
入院直前にOSHO禅TAROTを引くと、こんなカードが出た。


忍耐:
あとは待つしかない、という時があります。種はまかれ、子宮 のなかでは子どもが成長し、あこや貝は砂粒に膜をかけて真珠に 変えようとしています。このカードは、今こそただ油断せずに、 忍耐強く、待っていることだけが求められている時なのだという ことを私たちに思い出させてくれます。ここに描かれている女性 は、まさにそのような姿勢をしています。満たされ、不安な様子 もなく、ただ待っています。頭上を過ぎていく月のあらゆる相を 通して彼女は忍耐強く、月のリズムとすっかり合っているために、 そのリズムとほとんどひとつになっています。彼女は、今は自然 がみずからの進路を取るに任せ、自分は受け身であるべき時だと いうことを知っているのです。しかし、彼女は眠たげでも、無関 心でもありません。重大ななにかに備える時だということを知っ ています。それは、まさに夜明け前のひと時のように、神秘 に満ちている時です。あとは待つしかない、という時なのです。


そして、
セッションルームの終焉についても引いてみる。

再誕生
このカードは、フリードリッヒ・ニーチェが『ツァラトゥスト ラはかく語りき』で述べている意識の進化を表わしています。彼 は駱駝(らくだ)、ライオン、子どもという三つのレベルを語っています。 駱駝は眠たげで、怠惰で、自己満足しています。自分はお山の大将だと考えて妄想の世界で生きていますが、実は、あま りにも他人の意見を気にしすぎて、自分自身のエネルギーはほと んどありません。その駱駝から現われ出るのがライオンです。こ れまでずっと生を見逃してきていたことがわかったとき、私たち は他人の要求に対して「ノー」と言いはじめます。集団から抜け出し、独りで、誇り高く、自分たちの真理をうなりをあげて吠えるのです。しかし、これで終わりではありません。最後には、おとなしく従うこともなければ反逆することもなく、それでいて無垢で、自発的で、自分自身の実存に真実である子どもが現われ出ます。まさに今、あなたがどのようなスペースにい ようとも——眠くて憂欝であろうと、あるいは吠えながら反逆し ていようと——それを許しさえすれば、それはなにか新しいもの へと進化していくのだということに気づいていましょう。

…まさにその通り。
この病気を通してきっとそうなるであろうことがやっと見えてきた。
感謝。




☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-03-03 07:57 | 2次再建

入院の準備


ぼちぼち入院のための準備をしている。
前回、リストを作っておかなかったので
少しずつ思い出しつつ…

<入院準備>

ガウン
(寒い季節だからね…)
パジャマ
タオル大小
ハンガー2〜3本
下着等着替え
靴下
洗面道具

マイカップ
お茶、コーヒーなどのセットと紙コップ
(好きなときに好きなものを飲みたいから。紙コップはお客様用)
マイ箸とスプーン、フォーク

ティファールのポット
(音がうるさいのが難点だが、すぐに沸いて便利)

ティッシュ、ウェットティッシュ
(このくらい病院で準備してくれよ、と正直思います。
差額ベッド代、25000円近くするのに…)

低反発クッションとマイクッション
(痛みで体位変換できないときに本当に助かった!)

花瓶
(友人が持ってきてくれた、ぺたんと薄くなるポータブルなもの。
とても便利!六本木のアクシスで売っているらしいです)

DVD・CD プレイヤー,ヘッドフォン
(テレビも映る。この病院ではテレビを見るとき
カードを購入せねばならない。デイルームにもテレビはない。
テレビを見ないとは思うが、CDなど再生できて便利)
CD、i pod
(no lmusic,no life! 前回の入院の時も
音楽にかなり助けられた)
パソコンと
(i tuneにお気に入りがいっぱい入っているので…)

アロマオイル
(友人のアロマセラピストが術後、
自分でマッサージするとき用に作ってくれました。
感謝…!リンパの流れ、悪くなるしね)

薬師如来像
(ずっとセッションルームにお祀りしていたもの。
歌舞伎町でお寺をしている尼さんに魂入れをしていただいた。
すべてのひとの病のための仏様です。
今回は自分のためにお連れするのは初めてです)
小さいおひなさま
ガラスの天使
(ちょっとした飾り物がないと、病室は本当に殺風景)

スケッチブックと色鉛筆と筆記用具
(前回は、これがいちばん役に立った。
その時の気持ちや状態、食事の内容や行動の記述、
お見舞いの方のゲストブック。
そして何も考えずに絵を描いてみる。
それがその時の自分の状態をいちばん表している。)

今日も仕事の後、
自分のために
ずっと音楽を選んでi tuneに入れていた。
また寝る時間が遅くなった…

でもこれもやはり
緊張のせいと思う。
前回、筋肉の剥離で非常にリアリティのある痛みを体験しているので、
その苦しさをどうしても思い出してしまう。
叫ぶくらいひどかった、

今回も大胸筋剥離を伴うので
術後の痛みは確実にある。

動けないことの苦しさ。
動いても痛みで固まってしまうことの苦しさ。
前回の退院後の不調。
身体は敏感な方なので、
思ったよりも不調を感じた。
身体にメスを入れるのだから、
すべてのバランスが狂う。
特にリンパの流れは悪くなったように思う。

それを思うと
今できることをしておきたい、という行動になってしまう…



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-03-01 04:48 | 2次再建

来週は2次再建

まだ最初のオペの記述にも至っていないけれど、
時の経つのは早いもので

3/3に入院して2次再建。
胸の中のエキスパンダーを、
シリコンに入れ替えます。
ひな祭りはシリコン記念日。

前回もそうだったけれど、
仕事は通常通りやっているので
入院前は治療関係のこと、
仕事のことなど
やっておかなければならないことで
本当に忙しい。
家にいるとアタマが過覚醒して、
引っ越し荷物の片付けや事務作業に没頭しているが
外にいると疲れているのがよくわかる…

今朝、病院から電話があり
大部屋がいっぱいなので個室でいいか?との確認あり。
ほんとか?(笑)

でも、病院でゆっくり休んできたいなと思います。
痛みが治まったら…(泣)

c0154672_225324.jpg



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-02-28 02:16 | 2次再建