乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:3次再建( 10 )

3次再建後、半年経過。

昨日は3ヶ月ぶりの
形成外科受診。

昨年6月が3次再建だったので、
もう半年経っている。

昨日が受診日だったことも
あやうく忘れかけていた…!

それほどに、もう違和感がない。

しばらく悩まされた
患側と背中の引き攣れ感、しびれ感も
気がついてみたら
ほとんど感じなくなっている。
しかもこの寒い時期に…!!
なんとありがたい…
そして、身体の持つ
適応能力には、やはり脱帽だ。

現在の状況とそれの対応としては

1.患側乳房の脇に不自然なくぼみができてしまったため、
そこを補うために脂肪を移動した。
当然ながら、移動元の場所に
若干のくぼみができている。
そのくぼみを修正するか否か

2.患部傷口の色は
大分薄くはなっているものの、
まだ元の皮膚に比べると色が濃い。
その修正をするか否か

3.乳首と乳輪の形成をするか否か

という3点で、

1に対しては部分麻酔程度のオペ
2には美白用のクリームや
変色部分の皮膚の切り取りと
縫い合わせで対応できる、
と形成のDr.が説明してくれた。

いずれにしろ、もう少し経過を見ます、
と返事をした。

再建はその方法や、もともとの体型、体質、
乳房の大きさなどで
出来上がりは十人十色であるが、
私の場合は以上の点があるので
決して完璧、というものでもない。

けれど
それすらも今は愛おしい。

何度も書いているけれど、
この作られた乳房は
私にとって
勲章のようなものだ。

知らない人が見たら
ぎょっとするものかもしれないが、
私にとっては
すでに大切な私の一部である。

歳とともに
身体は衰えていくが、
そのことすらも
「美」になるように。

そんな時間を過ごしていきたい。

大野一雄の、舞踏のように。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-01-28 21:29 | 3次再建

3次再建後のブラジャー

1次再建からこのかた、
ワイヤーの入っていない
スポーツブラタイプのものばかりしていた。

先日の形成の主治医の診察後
ワイヤー入りもOKとのお言葉をいただき、
久しぶりにランジェリーショップに足を運ぶ。

お店の方にサイズを測ってもらうと
以前と同じ70E。
サイズは一緒だが、
モールドカップのブラを試着すると
健側の胸は柔らかいので
カップの形に合わせてぴったりと納まるが、
患側のシリコン入りバストは
ブラに合わせてカタチを変えてくれないので、
微妙にカップの脇が浮く。

ま、若い女性向きのショップで
ブラとショーツのセットで1000円台という安さでしたので
それなりということもあったと思う。

しかも今までしていたブラも
健側も患側もカタチが変わったため、
先っちょが余ります…
患側シリコンバストは乳首の形成もしていないので。

むむ…
デカ胸だったので
ワイヤー入りのブラは今までは必需品だったが、
これからはスポーツブラタイプがいいのかも…

しかも久しぶりにワイヤー入りをつけると
こんなに苦しいものを
今までよく着けていたな、と思うのでありました。

きっとそれぞれによって違うと思うけれど、
再建のみなさまはいかがなのでしょうか?


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-07-27 00:34 | 3次再建

一段落…

本日は乳腺外科と形成外科の受診日。

今日は2時間半待ちでした。
最近のフードコートにあるような
呼び出しベルシステムがあればどんなにいいか、
といつも思う。
しかも冷房が効きすぎていて、
じっと座っているだけだと寒い。
がんに冷えは禁物ではないですか。
って、上着を持って行かなかった自分もアレですが。

待ちの間に形成外科を受診。
術後の具合を報告し、
縮小した健側の縫い目から飛び出た糸を
ハサミでちょんちょんと切ってもらう。
患側の脇に少し引き攣れがあるが、
「これは傷が落着いてから修正可能です」とのこと。

傷が落着くにはどのくらいかかるか、と質問すると
「個人差はあるが顕微鏡レベルで言えば
半年から1年というところですね」とのこと。

落着いたら胸の写真を作品として撮る、
という話を再度する。
「責任重大ですね〜」とDr。
そうですよん!
この胸は先生の作品ですから、と
またまた軽くプレッシャーをかけた(笑)

たとえかたっぽだけでも
大きくても、
小さくても、
全摘をするということは
明らかな喪失であり、
再建をしても
温泉に入りづらいとか
複雑な思いが胸をよぎることが
ある方も多いのでは、と思う。
結婚前の女性ならば
既婚者よりもダメージは大きいことだろう。

なので少しでも
いい「作品」を作ってもらいたい!のだ。

患側の私の胸は
まだ色素沈着している。
時間が経てばもう少し落着いてくるでしょう、とのこと。

時は何よりの薬である。

そして次の形成の診察は
3ヶ月後となった。
Dr.とは初診時から毎月おつきあいしていたけれど、
初診から1年2ヶ月、
最初のオペからはや10ヶ月。
やっとここまで来ました…という思い。
私のカラダよ、
度重なるオペに耐えてくれてありがとう♪

やっとワイヤー入りのブラに戻れる。
インプラントは元のサイズより
一回り小さいものを挿入したのだが、
私の場合大胸筋が発達しているため
思ったより小さくはならなかった。
ブラジャー、処分しないでおいてよかった…

でも、リフトアップしたので
ヌーブラにもトライできる!ワ〜イ♪

そしてこれから
再建を迎える方も
体力をつけて
頑張ってほしいです。
病前と同じにはならないけれど
新しい自分の証しだから…067.gif

こんなに大変なオペを
乗り越えてきたことを
誇りに思おうではありませんか!049.gif049.gif

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-07-17 18:10 | 3次再建

術後ほぼ1ヶ月半経過

7月の声を聞いてから、
夏の大事なイベントを控え、
気分も少し引き締まってきたせいか
体調もよくなってきている。

あらためて気分と体調の相互作用は
あるなあ、としみじみ感じる。


ここ何日かで30度を超える暑さになったので
縮小した健側の傷口には時々かゆみが出るが、
赤紫だった色も褐色くらいに落着いてきている。

また、頭のぼーっと感と頭痛が、かなり軽快してきている…!
コレにはホルモン治療開始以来、一番悩まされた。
物忘れは、まだあるけれど…

旅の後に投与されたツムラ24番、効いたようだ。
その後の23番もよかったよう。

そして精神科臨床の仕事にも
先週から復帰。
翌日はやはり疲れが出たけれど。

何かした翌日に疲れが出る、
というパターンが見えてきたので、
あらかじめ休養日を考えスケジューリングする癖もついた。
右患側の引き攣れ感も
かなり軽減されている。
全くない訳ではないが、
日常的にも運動的にも支障はない。

睡眠も一時は乱れていたが
今は眠剤なしで眠れる日が多い。
睡眠が安定すると
心身ともに安定する。
これも相互作用だけれど。
この暑さに適度に負けているのも(笑)
よいような気がしている。

これから摘出のミナサマ、
再建を控えているミナサマ、
不安が多いこととお察ししますが、
案ずるよりもなんとやら、です。
時間とともに
必ず傷は落着いてきます。
暑いけれど無理せずに行きましょう〜。

ところで、清志郎サマ
転移してしまったけれど、またしっかり治療して復活してほしいです…
自分の青春時代はRCサクセションとともにあったし。

腎臓がんから復帰した小橋健太選手もそうだけれど、

歌もプロレスも肉体勝負。
わたしの仕事も。
なので、
彼らのエネルギーや姿勢にはとても励まされる。

ガンバレ清志郎〜〜〜!!!

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-07-15 15:00 | 3次再建

術後ほぼ1ヶ月

3次再建で、インプラントを入れた右胸の脇の引き攣れを直し、
左の健側の縮小吊上げをしてからもう少しで1ヶ月。

最初の手術のときより、オペ時間も入院も短かったのに、
今回は一番予後が悪かった。
翌週に、一度だけ遊びに出たらそれから2日寝込んだ。
痛み止めを服用していたせいか、胃もやられ、
気分も落ちて、それ以来ほとんど家でおとなしくしていた。
というより、何もやる気が起きず、1週間は家事もろくにできなかった。

睡眠も不安定になり、体力も著しく落ちた。
最初のオペの後よりも、明らかに身体的な不調が多かった。
(病気前までは夜遊びも大好きで、
一晩中踊っていることもあったし、
カラダを使っての仕事なので同年代の女性に比べれば
かなり体力はあったほうと思う)

荷下ろしうつ、という状態がある。
ほっとして疲れが出て、エネルギーが一気に低くなるような状態だが、
そんな感じがあったのだと思う。
何しろ、告知からここまで来るのに1年以上かかっているので…

最初のオペ後の抑うつと違うのは
悲観的にはならないことで、
感情が麻痺していたような感覚に近かった。

それでもシャバのおつきあいはあるので
たまに出ると、
人のエネルギー、特に感情的な発言などが
ガードしきれず、ダメージを受ける。
普通の状態ならどうということのないことでも、
敏感になっていた。
本当にココロを許せる友人としか
話をしたくなかった。

何をしても楽しいという感じがなく、
淡々とこなすのみ。
それが別に悲しい訳でもないのだが。

左脇のオペ痕の引き攣れ感も変わらずにあり、
右胸や背中にはつねにしびれがある。
カラダの歪みもまだ治っていない。

ただ、デッドの決まっている事務仕事がたまっていくのには焦りを感じた。
焦っても何もできなかったのだが。
こういうときに、フリーな一人仕事はやはりつらい。

けれども、仕事でカウンセリングやセッションをやっているときだけは
アタマもクリアに働き、充実感をはっきりと感じていた。
調子が悪いときは仕事をしばらく休業しようか、とか思うのだが、
やはり仕事が自分を活かしてくれているのを感じる。
行く前はめんどくさかったりするのだが
私にとって、仕事はやはり楽しいことなのだ、これが(笑)

先週の月曜、朝起きたときに「あ、もう大丈夫かな」と
思ったけれど、翌日はまたダウン気味になったり、
一進一退を繰り返しながら、
低空飛行ながらも、少しずつ上向いてきている。

こんな状態だったので、
今週から復帰するはずだった病院臨床の仕事を遅らせ、
昨日出る予定だったライブは悩んだ末断念したが、
(舞台出身の自分は舞台に穴をあけるという発想がない!)
昨日の仕事を終えた時点で、やはり正解だったと思った。
(夕方まで仕事、そのあとライブだったので…)

こんなに体力が落ちたのは初めてだけれど、
3ヶ月に1回、というペースで手術を受けたのだから
当然だろうと思う。
カラダにメスを入れるのことは
やはりとても負担のかかることだ。

夏(の仕事。1年のうちの最大のイベント♪)に向けて、
カラダを養って、少しずつ動き出そう。
きっと最高の夏になるに違いない…!

よかったことは、
健側の胸のカタチが大分よくなったことかな…001.gif001.gif001.gif


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-06-30 11:17 | 3次再建

第3次再建後の経過



オペをして10日が経過。

このところ、
蒸し暑くなってきたせいか
傷の予後があまりよくない気がする。

右脇の脂肪を移動して、
右大胸筋につなぐ手術をした痕は
やはり中が痛み、引き攣れる感じがある。
そして腫れていて、かゆい。

傷口より下の肋骨部分まで
なぜか痛みがあり、
肩甲骨あたりもぱんぱんに張っており、
鏡に自分の姿を映してみると、
極端に右肩が下がっている。

引き攣れにより、右半身が拘縮しており、
左右のバランスが悪くなり、
首、肩、背中、腰にも影響が出ている。
ちょっと座り直しただけなのに
首や腰にズン!と衝撃がはしることもある。

左胸は
この蒸し暑さのせいか、
縫い目がちくちくと痛む。
特に乳首周りは敏感なところなので
Tシャツの生地がこすれるだけでも
かゆみを感じる。

一応、傷口にはサージカルテープを貼るように
主治医から指示を受けているが、
ずっと貼っているとそのかぶれも少しずつ出てきており、
これにホットフラッシュ的な暑さが加わると
傷口をかきむしりたくなる。

とりあえず昨日より今日はましにななっているけれど、
今週いっぱいは経過観察。

これでライブに出られるのか…
ちょっと不安。

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-06-14 02:13 | 3次再建

本日抜糸


金曜に退院して、
本日は抜糸。
ブラもキャミソールもつけない外出は
何となく心許ないが、
爽快感もある。

痛みと引き攣れのある右脇の縫合範囲は少なかったのだが、
左胸は半円形にブラの下にあたるライン、
乳首周り、
乳首からまっすぐ下へと
3カ所の皮膚を切除し、
縫合している。

主治医が、
テープをべりべり剥がし、
糸をちくちくハサミで切って行く。
出来上がり?を鏡で見る。

ん?何かに似ている?
と帰りの道々考えた…

そうだ、
ブラックジャックの顔の縫い目だ〜!


…写真をアップできないのが残念です…

008.gif008.gif

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-06-09 21:56 | 3次再建
病院へは午後に入る。

術後の痛みが落着いたら
病室からブログをアップしようと思い、
PCのセッティングをするが、
なんとこの病院は今どきダイアルアップ接続…
プロバイダーが対応していないので諦める。
(個室で差額24,000円ほどするのですが…)

午後、麻酔医、オペナースの説明を受け
いつものように午後9時以降は絶飲食、
9時半には眠りにつく。

6/3(火)
8時半よりオペ準備。
形成の主治医が来室し、
胸の上にマジッグでラインを描き、
出来上がりをデザインする。
その後点滴始まり、手術室へ。
10時より手術開始。
…今回はオペ室に入った途端、記憶なし。

病室に戻ったのが16時。
前日、ナースに低反発クッションを予約しておいてよかった。
術後は基本的に絶対安静臥床で、もちろん寝返りも打てないので
クッションの有無は腰痛緩和に大きく影響する。
もちろんあっても痛いのだが…
多少、体位変換のコツも覚え、
なんとかやり過ごす。
熱発もあるが、かえって痛みを鈍麻させてくれ好都合。

翌日にはカテーテルも取れ、
常食開始。
右脇の脂肪を皮膚から剥離させ上部に移動しているので
傷口の痛みとは別に、引き攣れと内部の痛みがある。
おまけに毎度のことだが頭痛がひどい。
麻酔の影響か、体位により身体の緊張がひどいせいか。
午後には歩けた。

術後2日目には読書や院内での買い物など。
1回目のオペに比べたらかなり楽。
ドレーンで引いた血液も濁りが少なくなっている。
ツレが夕方、食べ物を買ってきてくれる。

術後3日目、
朝の回診で、ドレーンの血液量から
おそらく明日退院してもいいでしょう、とのこと。
洗髪と半身シャワー、清拭で少しさっぱり。
午後、夜と友人来訪。

そして6/6(金)、昼前に退院。
しかし安静と2週間の運動禁を
しっかり言い渡される。
右腕はまだ肩より高く上がらず。

久しぶりの快晴で暑く、
シャバの陽射しがまぶしかった…(笑)

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-06-09 19:34 | 3次再建
通常なら、2次再建までですむところだが、
私の場合は2次再建でのインプラント挿入により、
左右のバストサイズに差ができてしまったこと、
そしてインプラント挿入後、患側の右脇にひきつれとくぼみ、
そして右腋下に脂肪が偏ってしまったので
その修正をするために3次再建手術となった。

6/2(月)入院。

前の週に大学時代の友人が
脳腫瘍とがんを患い他界した、との知らせがあった。
加えて、
前日にアクシデントがあり、帰りも遅くなった上に
そのことですっかりかき乱され、やっと眠れたのが午前3時。
入院は午後なのに、
当日、6時にぱっちり目が覚めてしまった。

入院の準備は手慣れたものにはなったが、
オペというのは何度行おうが慣れる訳ではない。
そのたびに憂いや不安感も出る。
がんはすっかりなくなっていたとしても
乳房という女性としての象徴にメスを入れ、
健康な側もオペにより形作られるわけで、
こればかりはDr.の腕、そして私の身体の適応能力に
まかせるしかなく、
これで最後(かどうかは分からないが)とはいえ、
今回ですべてが決まるんだな、と思うと
不安感の質も違った。
感情が揺れ動く、というよりも
じっと耐えるしかないな、という気持も
しばらく前からあったように思う。

考えて見れば
この9ヶ月で3回目のオペ。
傷が落着いてはオペ、の繰り返し。
心身ともに心底落着くことはできず、
非常事態が続いていたようなものだ、と思う。

旅行にも行っていたくらいなので
周囲から見れば
すっかり元気に見えているのだろうけれど。

ある友人が
NYで何か荷下ろしをしてきた後での3回目のオペでよかったね、
とメールをくれた。

何となく私もそう思う…

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-06-09 17:57 | 3次再建

3次再建が決まった

本日、形成外科の診察へ。

Dr.と3次再建の話をする。

通常、インプラントなり、自家組織なりで
2次再建までの方がほとんどだと思うが、
私の場合は
もともと胸も大きいところに
先のことも考えて
一回り小さいサイズのインプラントを
挿入したので、
健側の左胸もそれにサイズを合わせるオペをすることに。

やっと最後だ〜♪
とほっとするような気持ちで行くと、
「皮膚から乳腺や脂肪を剥がすので
前回(インプラントの入れ替え)よりは
痛みも出血もありますね。
入院は1週間と考えて下さい。
まあ、最短で5日かな」と
言われた…
入院日は6/2から。

せいぜい3、4日と多寡をくくっていた自分。

結構
ガ〜ン!!!
ときました。
いや、シャレではなくて…

しかも2週間の運動禁を言い渡された。
6月からまた臨床の仕事に復活するというのに…

初回の入院は12日間。
それよりも3/4程度ましな痛みかと
勝手に思ってはいるが…

まだまだ耐えねばなりません。
ふー。

Dr.には
その胸を出してダンスでの作品を作る、
形成していただく胸は先生の「作品」でもありますから、
と話して少しプレッシャーをかけてきた(笑)

美胸になるように
毎日イメージして
「引き寄せ」るぞっ!!

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-04-21 21:39 | 3次再建