乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen

<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

新月だったので♪

昨日は新月。

新月はすべての終わりであり、
再出発を意味するという。

古いものを脱ぎ捨て、
新しいスタートを切るのによい日なのです。

そして昨日の新月は蠍座で起こった。
蠍座生まれの自分にとっては、
まさに再出発の時期の訪れなのだ。

というわけで、
昨日はウィッシュリストを作った!

先月は
副作用とストレスの相乗効果で、
身体も気持も大分トーンダウンしており
とても希望や夢を思い浮かべられる状態ではなかったけれど、
気力も体力も大分アップしてきた今、
書いてみたウィッシュリストを見て、
ちょっとワクワクしました。

書くということで
自分の「エゴ」ではなく
「セルフ」が何を望んでいるかが
とてもよくわかる。

そしてそういう自分の「セルフ」の声に
耳を傾けること、
自分の中心から出てくる感覚や直感を
「信頼」すること。
それがとてもとても大切なことだと
あらためて感じる。

身体感覚を育てると
直感と思い込みの差がはっきりと分かってくる。

自分にとっては
直感は真実であり、
敬意を払うべきものなのです。

今日、電話で
あるセッションを受けた後
目を閉じて
静かに
リラクセーションをしていたら、
今後の夢のひとつが
ありありと具体的にビジュアライズされてビックリ。

今の自分が未来を作る。
今の自分の思いが方向性を決める。

ミントを育てなければ
自家製のミントティーは飲めないように(笑)

乳がんになって
辛さや苦しみを味わった後に
感じられたことが沢山ある。
それを生かしたいな、と思う。

未来のために
地道な一歩一歩を
楽しみつつ
歩いていこう、と思えた。
時に休みながら、
時に道草を食いながら。


みなさまも
ぜひ新月のウィッシュリストをお試しあれ。
まだ間にあいます。思い立ったが吉日だ!
何より、書いてみると楽しいです。
作成の仕方はここのページが参考になりますよん。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-30 13:42 | カラダとスピリチュアリティ

患者サロン&診察日。

本日は形成外科の診察と
患者サロンの日でした。

行く途中、
川沿いを歩いていると
真っ青な秋晴れの空がまぶしい。

昨年の今頃は
そろそろ退院という時期で
病院の小さな庭に出て
空を見ていたら
あまりに美しく
なぜか急に涙が出たことを憶えている。

サロンは2度目。
初発と再発のテーブルに分かれている。

初発のテーブルには、
つい先頃に退院したばかりという方や
何年もの先輩もおり、
いろいろな話題に話が弾んだ。

初発でも温存、全摘の違いがあるし
抗がん剤や放射線治療の有無、
全摘で再建する人、迷う人など
ひとそれぞれの乳がんのあり方がある。

今思えば
1年前は乳がんのことを
ほとんど知らないに等しかった。
そしてこれから手術を迎える方の話を聞くと
そうそう、本当に手術前が一番不安だったよね、
と思う。

手術を終えてもさまざまな不具合もつきまとう。
本当に、「切ってからが始まり」だけれど、
こうしてシェアできる場があるのは
やはりありがたいです。


薬のこと、
治療のこと、
副作用のこと、
話はアチラコチラに行くので
いろいろな角度から
乳がんのことを見ることができること、
知らないことを教えてもらえたり、
皆さんそれぞれに
不安は抱えているであろうけれど、
同じ病院、同じ病気であるという前提があるので
初めて会う方とも
いらないステップを乗り越えて話せる感じがある。

再発のテーブルにも少しお邪魔させていただいて
話を聞かせてもらった。
再発はやはり他人事ではないので
参考になります。

3時間弱いたけれど、
なんだかあっという間だった。

その後、腫瘍マーカーの結果を聞きにいく。
徐々に数値が上がっているが、
正常値の範囲内なので
経過観察とのこと。

それから形成外科へ。
術後の状態を観察し、
出ていた糸をちょきっと切っていただいたのみ。
珍しく主治医と治療以外の話題で盛り上がりました。

帰り道、
なんだか久しぶりに
いろいろ話せた気がして充実感。

病院の帰りに充実感、って(笑)ですが。

病気は個人のものではあるが
社会のものでもあるな、と実感する。

病気であってもなくても
さまざまな角度からの情報が共有されることが
大事なんだな、と改めて思ったことです。

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-28 20:30 | 病院治療

収穫をいただく。

きちんと育てることができるか不安だった
ハーブたち。
苗床と、土と、水はけと水やりという
基本をおさえたら
見事に育ってくれている。

とりわけ。アップルミントの
成長ぶりがスゴイ。

毎日新しい芽が出て、
長さもぐんぐん伸びていき、
目覚ましい変化です。

というわけで、
先日目標の(笑)ミントティーにしてみた。

アップルミントはその名の通り、
匂いがリンゴに似ている。
けれどポットに入れて
しばらく待ってからカップに注ぐと
夏の野山のような
濃い緑の、
野生のミントの香りになる。
かすかな渋みも
野性的なチカラを感じさせてくれる。
カップの中だけが、
夏になる。

日々、忘れられてしまうような
小さな日常のできごとが
いちばん大事なのだ、
とどこかで読んだけれど、

他人から見れば
どうでもいいような
小さな日々のできごとが
自分を作ったり、
表したりしているのかもしれない。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-27 08:06 | 日々の雑感。

自分の「再編集」中。

がんになって、
自分の中の何かが変わった、
と感じている人はどのくらいいるのかしら。
考え方や、感じ方、反応の仕方、
対人関係など。

いたらぜひ手を挙げて下さい。(笑)

私はそれをありありと感じていて、
そういう自分をどう扱ったらいいのか
しばらく思い悩んでいたのですが。

気がついたらこのところ、
乾いた土が
ぐんぐんと水を吸い込むように
むさぼるように本を読んでいる。
タイプの違ったものを
次々と読んでいる。

そして、その度に
今の自分に必要なものを
見つけている気がする。

ここ何年も、
(病気までは)忙しさから
(告知後は)頭のまとまりがつかず
本を読むだけの集中力と
それを咀嚼するチカラが
めちゃめちゃに落ちていた。

今は時間と気持の余裕もできた。
そして何より
病気後の自分の何かがあきらかに変わったことで
世界の見え方、
世界との関わり方が変化したこともあり、
さまざまな人たちの
さまざまな世界観を知りたい、
それを手がかりに
自分の変化に
きちんとオトシドコロをつけたい、
という気持がある。

変化するのはいやではない。
けれど、
変化になじむのには時間がかかる。

けれど、いろいろな世界観や
たくさんの体験談を読むたびに
自分の中に生まれた
新しいいろいろな断片に
まとまりがついてくる感じがある。
シナプスがつながってくる感じ、とでもいおうか。


がんという病を与えられて
自分自身が「再編集」されていくのを感じている。


読書日記をここにも書きたいのだが、
読むスピードになかなか追いついていかない。

一昨日は小宮ベーカー純子の「五次元思考 実践ガイド」
昨日は伊坂幸太郎の「魔王」
本日は「脳の中の身体  認知運動療法の挑戦」を読了。
どれも面白かった。

自分に必要なことが感じられてくると
必要なモノが引き寄せられる、
と感じているこのごろです。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-25 09:12 | 術後の心身の変化
昨日、たまたま訪れた
とあるオシャレ系シンガーの女性の
公式ブログを見ていたら。

その中に、
ピンクリボンキャンペーンのパーティーに出席、
という記事と写真があった。
場所は「ペニンシュラ東京」ですと。
(高級すぎて、行ったことがないが…)

彼女の写っている写真のバックには
イベントでよくある
キャンペーン告知のパネルが立ててあり、
華やかそうな雰囲気が伝わってくる。
(よく午後のオクサマ番組で放映される
芸能人がインタビューされたり、
どこのブランドの服か聞かれて
その前でくるっと回ってみせたりする舞台みたいなヤツです)

ゲストの和製ビヨンセ(笑)とか
彼女の着たドレスのデザイナーさんなどの
写真もあり、楽しげなパーティーのご様子。

そして他のシンガーさんの主催した
ピンクリボンチャリティーライブに出演という記事もあった。
どこに寄付されるのでしょうね?

そしてこのパーティーの費用は
一体どこから出ているのだろうか。
協賛企業かな?
ピンクリボンにお金を使うのは、
確かに企業イメージのアップになるのだろう。

でもそのお金で、
市区町村での検診年齢を引き下げ、
早いうちから無料で検査を受けられるシステムを作ったり、
専門医の育成に使ったり、
マンモやエコーなどの器械を投入するなど、
(未だにどちらかだけ、というところも多いはず)
使い道は山ほどあるのではないだろうか。
…もうやっているのならいいのだが…

そして乳がんだけでなく、
さまざまながん検診をすすめていくことも必要と思う。
(肺など、自覚症状がわかりづらいがんはいくらでもある)

ピンクリボン、という運動自体を否定する訳ではない。
キャンペーンによって検診を受けようという人が
少しでも増えればと思う。

けれど、多くの方がブログで書いているように
既になってしまった「患者不在」のキャンペーン、
という姿勢は非常に疑問だ。
ただのお祭り騒ぎという印象を拭えない。
お祭りの部分だけが
年々大きくなっていき、
具体的に何が為されているのか
全く見えてこない。
そして、なんで乳がんだけ…??

たくさんのエライ方たちも
このキャンペーンに
参画しているであろうに、
どうしてどなたもこの方向性にストップをかけないのでしょう?

やはり疑問だ。




☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-22 19:26
弱っていたり、
疲れていたりすると
自分の場合は
無性に「美しいもの」を見たくなります。

それは
デパートのショウ・ウィンドウのディスプレイだったり、
絵画だったり、
自然の風景だったり、
洋服だったり、
単純に色彩だけだったりもする。

色にはエネルギーがある。
そして自然の風景にも
エネルギーがある。

本当ならその自然の中に
身を置くのが一番いいのだけれど、
絵や写真やテレビの画面だけでも
充分伝わってくることがあります。

で、本日はコレをミナサマに。

c0154672_2120193.jpg


…いつ見ても、
富士山という山には惚れ惚れ致します。
というより、「霊峰」というコトバがぴったり来るのだ。
ほかのどの山とも違う力強さと、
神秘的な威厳をいつも感じます。
たとえ、新幹線の中から見るだけでも。

山麓には
樹海や自衛隊の演習場も
抱えるというそのフトコロの広さ。

やはり規模が違う!
人間がまだ人類の体を成していない時代から、
ここにあったのだ、と思うと
時空の広がりや
「地球という生きもの」の生命力に
圧倒される感じがあるです。

ちなみに富士山の守り神は
コノハナサクヤヒメノミコト。

富士浅間神社も、
とてもステキなところです。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-21 21:33 | 美しいもの

気づいたら一年…

そろそろ入院から一年だなあ、
などとぼーっと思っていたら
昨日が入院記念日(?)だった。

入院当日、
指定された時間に病院に行き、
手続きを済ませ、
病室に入る。
麻酔医や、オペ看さんが
入れ替わり立ち替わり説明に来た。

担当のナースが
説明、聞き取りをしてくれた後に
「頑張り過ぎないで下さいね」と
ひとこと言ったときに
涙が出そうになったのを憶えている。
この人はちゃんと分かる人なんだな、
と思ったことも。

持ち込んだ私物を整理したら
何もやることがなく、
明るいうちから部屋着に着替えるのも何だし、
表立って何の症状も痛みもない自分が、
なんでこんなところにいるのだろうと思った。
しっかりしているつもりでも、
頭の芯がぼーっとしていた。

しばらく付き添ってくれていたツレも
夕方に帰り、
夕食を食べたら何もすることもなく、
テレビを見る気持にもならず、
眠剤をもらって9時には寝た記憶がある。
それまで何年も、あんなに早い時間に寝たことはなかった。
静かな夜だった。
通りを走る車の音が、
窓の向こうから聞こえた。

金曜の入院で、
次の日は診察も検査もなく、
朝以外は病棟も静かだった。
時間を持て余すことこの上なく、
前日に許可をもらっておいて
早くも外泊(笑)をした。
家に帰ったら、なんとなくどろりとしていた
疲労感が取れた感じがしたのだった。

土日が明けて
月曜の朝がオペだった。
前の晩はそうでもなかったけれど、
病院独特の
月曜朝の忙しない物音で目覚め、
徐々に緊張が高まっていった。

初めての入院、
初めての全身麻酔を伴う大きなオペ。
そして乳房の喪失。

こうして振返ると
ずっと前のような気もするし、
まだ1年なんだなあ、とも思う。

あの頃の自分は
がんという事実に向き合いながら
生活や仕事をするだけで精一杯であり
がんという病を
冷静に分析するまでの余裕はなかった。
本当にぐらぐら揺れた。

でも、
ぐらぐら揺れながらも
仕事には支障がなかったこと、
かえってそれが自分のモチベーションを
悲壮なまでに(笑)アップしたことは
よかったことのひとつかもしれない。

去年の今頃に
今の自分を想像できなかった。

今の自分も
来年の今頃の自分を
まだ想像できないけれど。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-20 23:00 | 日々の雑感。

がんになったからこそ

告知以後、
オペまでの何ヶ月か、
初めてそして3回目までのオペ、
それからホルモン療法ちうと
この1年半あまり
様々な経験をしてきて。

がんになったからこそ
感じたり
考えたりすることもあるのですが、
とても自分が変化しているのを感じる。

それはおそらく「タマシイ」の部分で。

基本的には
特にこれ、という宗教に帰依しているわけでもないし、
神仏にすがって
ぜひ治して下さい!とお願いするつもりもなく。
神社仏閣にお詣りするときは
感謝が基本である、と思っているし。

でも、今はまだうまく言えないのだけれど
がんになったことで、さらに
自分が大きな転換をし始めている感じがずっとしているのです。

このごろ読んでいる本や、
訪れるHPなどからも。

まだそれがコトバにして言えないのが
もどかしい…

でも、確実に変わりつつあるようです。

もともと、
自分は演劇からダンス、そしてセラピストという経路を辿ってきている。
その時々でフォーカスする地点が
思考→感情→身体→感覚と移行を続けてきている。
感覚の後に超感覚(いわゆる直感とか、第六感とか)も
ついてきている。

がんという病を与えられて、
それにまた何かがくっつきそうな…
そんな予感。

まだコトバにならないな。

そのうちに。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-18 23:45 | がん以後の変化

言葉のごちそう 1

マザーテレサのコトバとして一時期流布されたものでありますが、
実は無名の男性が書いたものを
マザーテレサがどこかで引用された、
というものだったと思います。

コトバは
人を傷つける時もあるけれど
緑に降り注ぐ太陽と水のように
エネルギーを与えてくれることがある。

大好きなこの文章を、
私自身と、
ミナサマへ。

*********

人は、不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい。

あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく、作り続けなさい。

助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを、世に伝えなさい。
蹴り返されるかもしれません。
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-17 11:36 | 言葉のごちそう
昨日のゾラデックス投与。

本日は睡眠も問題なく、
特に気にかかる問題もなく、
いつもより早く起きて
仕事にでかけたのですが。

きれいに物忘れしたことがあったり、
話そうとしても
頭がぼーっとして
いつものように切り返せなかったり。
(この症状は夏を越えてからは
ほとんどなくなっていたのに)

なんだか副作用の即効性(!)を
久しぶりに感じたことでありました。

昼夜の気温差があるので、
大胸筋が収縮し、
胸のつっぱり感と肩甲骨の内側に
痛みがあるのを感じる。

季節の変わり目を
身体全体で感じています(笑)

みなさまも
お身体お大切に…!


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-15 20:24 | ホルモン療法