乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大豆チーズはどこに?

久しぶりに週末が休み♪なので
夜更かし…!
いけませんねえ。

乳製品断ちは
いつまでになるか分からないけれど
ゆるゆると続けている。

牛乳の代わりには
豆乳があるので、
さほど困らないのだけれど。

時々、
無性にチーズを食べたくなるときがある。

そして「大豆チーズ」なるものが
あるということを聞いた。

netで調べてみると
anewにもリマにもoisixにもないのです…(涙)
テンペとかはもう、アタリマエなのにね。

こういうのって、やっぱり早いのはアメリカなのですよね。
何しろトーフもジャムとかかけて
デザートとして食っちゃう国だし。
トーフアイスクリームとか、
当然のように昔からあるし。

楽天を見ていたら
アメリカ産のピッツアで大豆チーズを使っているものは見つけた。
そしてトウキョウではクイーンズ伊勢丹で売っていた由も見た。

もしnetで「大豆チーズ」を販売しているところをご存知の方がいたら
ぜひ教えて下さいまし!
またはトウキョウ近辺で売っているところを
知っている、という方は
ぜひぜひ教えて下さいませ。

チーズはやっぱり好きだ…

で、今日のメニュウ。

レンコンのきんぴら
こんにゃくのピリ辛煮
ターツアイと海老のにんにく炒め
野菜スープ
ポークソテー  キノコとトマトのソース添え

こんにゃくは
やはり生芋使用のものに限りますね。
ぷるぷるしているもの。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-28 03:08 | がん患者のケア、セルフケア

だいこんの花が。

週末、
仕事で関西出張。

その前も準備でバタバタしていて
帰ってきてほっと一息ついて、びっくり。

半月ほど前に
買ってきた大根を煮付けて、
残った葉っぱの部分を
なんとなく水栽培していたのですが…

こんなになが〜く伸びていましたあ。

c0154672_1345044.jpg


そしててっぺんには
菜の花のような小さなつぼみが。
黄色く花の色が見える。
(写真では分かりづらいと思いますが…)

行く前は半分くらいの長さだった気がするんだけどなあ…

植物の、
生きるチカラは
ほんとうにシンプルで
分かりやすい。


人間も、こういきたいね!



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-24 13:50 | 美しいもの

穏やかな午後。


病気以後は
夜の外出や
お酒の席がかなり減った。

その分、というのも変だけれど
時々ランチでささやかな贅沢をする気持になったのも、
がん以後の変化のひとつ。

久しぶりの友人と会い、
ランチを共にする。

友人の評価によれば
がん以後の私は
表情や目が
「柔らかく、優しくなった」とのこと。


そんなことを話しながら
ゆっくりとお昼をいただく。
都内ではないので、
客層もなんだかのんびりしている。


行きの道すがら、
富士山がきれいに見えた。
陽射しが暖かい。

心地よく、
気持のいい時間は
ひとにとっては
いつでも最上の幸せ。

そしてそれを分かち合えるひとがいる、ということも。


c0154672_20191766.jpg


c0154672_2021952.jpg





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-17 20:37 | 日々の雑感。

がん以後の変化〜その1

このシリーズは
ここ
ここからの続きであります。

がんによって変化したことを
振返り、対象化することにより
がんや重篤な病になった方の
状態変化の普遍性を見いだせるか、という試みです。



☆がん以後の変化<第一期>
   07年4月〜10月  告知より術前まで


<4~5月>
健保施設での健診(マンモ)
→乳腺専門クリニック(エコー、マンモ、針生検)
→現病院(マンモ、エコー、MRI)
健診時より悪性の可能性を指摘されていたが、
という3段階の経過を辿り、がんであることが確定。



◎告知後の心身の状態 → 考察

1.告知の瞬間は思ったよりはショックはなかったが、
 その後感情鈍麻(ぼーっとしたような状態)を感じること多し。

  →がんかもしれない、という疑いがあったので
   ある程度の覚悟はしていたが、
   だからといってショックでない訳がない。
   アタマではなんとか理解、受容しようとするが
   すぐにすべてが受け入れられる訳はない。
   ゆえに感情を麻痺させる、ということが起こる。
  


2.逆に、歌っているときなど、全く関係のない場面で
 突然に泣きたい感情が溢れ出すようなことがしばしばある。

  →感情コントロールが非常に困難になるが、
   これは誰にとっても当然の反応。



3.仕事をしているときは平静を保てていた。

  →いつもと変わらずにできることをするのは、
   自分を落ち着かせるのに有効。
   単純作業も有効と思う。



4.集中力、積極性、意欲の低下、突然のイライラ、間欠的な怒り。

  →怒りは適度に発散させることも必要。
   また、 怒りの後ろには悲しみがあることが多い。



5.告知の後、
   これだけは絶対にやり遂げるぞ、という仕事が即座に浮かぶ。

   →やり遂げたい、と思うことがあったおかげで
    崩れずにすんだ部分がある。



6.死を連想。

  →父のがん死の後なので即座に反応した。
   同時に自分にとっては「象徴的な死」であることも理解していた。



7.親しい人間に話したり泣いたりすることでとても楽になる。

  →一時的であっても、
   誰かに話を聞いてもらうことで楽になるのは
   とても重要。


8.楽になったり、イライラしたり、泣きたくなったり
 気持の揺れが激しく、それ自体に疲れ。慢性的な疲労感あり。

  →とにかく眠る、一人になる、自然の中で過ごすなどでやり過ごす。
   特に自然の中にいくことで大分助けられた。




※このシリーズは過去の記録を調べながらなので
アップ後も少しずつ改変していくことになると思います。
ちびちび読みに来て下さいましm__m

やっぱり結構な大ネタだよ…(呟)

意見、感想、ウェルカムっす!



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-13 21:37 | がん以後の変化

本日の夕食メニュウ。

本日の晩ごはんは

緑米と発芽玄米のミックス炊き
ひじきの煮物(切り干し大根、干し椎茸、鳥ささみ、油揚げと)
大根の煮物(鳥腿肉をほんの少しだし代わりに入れて)
生海苔入りだし巻き
菜の花のからし合え
生マッシュルームと生タマネギのサラダ(オリーブオイルと酢、ブラックペッパー)
生海苔のお吸い物

以上。

一時期は、食事を作るのが
なんだか面倒になっていて
たいしたものが作れなかったけれど、
料理への意欲がちょっと復活。
NO乳製品を続けております。
(たまに滑るが…)

いつもは、
茶色いおかずが並ぶことが多いけれど(笑)
本日の食卓では
生海苔の緑が卵の黄色の中に映えて
とても美しかった。

緑米は、
もちもちとした食感がとてもいい。
玄米と混ぜたのは初めてだったけれど、
お互いケンカしない味でナイス。
しかし、玄米にはどうしてああ
黒ごまの摺ったやつが合うんでしょうねえ。

ひじきに入れた切り干しは
ツレの実家から送ってくれた手作りのもの。

サラダにはオイル&ビネガーがデフォルト。
酢は飲むと頭皮の毛穴が開く感覚がいつもある。
不思議だ…

いつだか、テレビで
リフレクソロジストの女性が
「添加物の入っているものを食べると
舌がピリピリする」と言っていたが、
そこまでの感覚はないにしろ、
やはりなるべく自然なものを摂りたい。

ついでに食器用洗剤も
手作り無添加の石けんに替えてみました。
コレ↓


c0154672_19144018.jpg




なんか素朴でかわいいパッケージです。
ガンバレ佐久福祉事業所、「ねば塾」(製造元)!!



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-12 19:24 | 食事

ゾラデックス16打目。

昨日は診察日。

家を出るのが遅くなり、
病院に着いたのは12時過ぎ。
なんと、15分ほどで呼ばれた。
最短記録かも…

数えてみたら、
ゾラデックスもはや16打(笑)となりました。
残るは8打…
折り返し地点も過ぎた…(感慨)

主治医に健側、患側ともに
触診してもらい、
その後お腹を出すのです。
ゾラはお腹打ちなので…


先月は注射の後の頭痛も出なかったことを話す。
そしてリュープリン3ヶ月製剤の打診をしてみた。
主治医曰く、
3ヶ月の方が副作用が出る場合は大きく出る。
そして3ヶ月空くと治療中断されてしまうケースもある。
今までもそういうケースがあったので
それがちょっと心配でもある、とのこと。

むむ…
まあ、あと8打と思えばいいか。
月1回、お会いするのもやぶさかではないし(笑)

そして今回も
終了時すぐ出ていた
孫悟空の輪っかを縦にしたような
締め付け感のある頭痛は起こらなかった。

副作用が顕現するときは
夜のゴスペル練習にも行かれなかったけれど。

このまま続きますように、と祈る思いであります。

しかし身体の適応力なのか、
私自身の健康状態がアップしたからなのか、
副作用がないというのが
本当にありがたい。
今のままならゾラ延長もいいわよ〜、という気分だ(嘘)

やはり、
時がいちばんの薬なり。

ミナサマ、がんばりましょう!

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-11 23:09 | ホルモン療法
がんの以後の変化について
どう書こうか、
その方法をつらつらと
何とはなしに考える毎日。

そしてふと気づいたこと。

がん以後は
「ちょっとした違和感」が
とてもふえた。

日常の中で、
誰かとの会話の中で。

それががん以後の変化、というものに
(ちょっと物々しいタイトルになってしまったけれど)
つながっていることに気づいた。

たいていの場合、
ちょっとした違和感は
その場では沈黙せざるを得ない、
据わりの悪い感じとして体験される。

そして日々の中では忘れてしまうようなささいなことでもあるし、
それを誰かに話したとしても
大方の場合(ほんとうにみごとなくらいに!)
誰にも通じないことだったりする。

話しても
「え?」と言われることや
「考え過ぎだよ」と
言われることに、
私は飽き飽きして
もう誰にも話すのをやめた。

でも、その感覚が大事なんだな。

そして、
シャバの空気にさらされてももう大丈夫、
と思える健康状態にはなって来たが、
この感覚を忘れてはいけない、
と自分の中の何かが訴えている。

いや、忘れることもない。
それはおそらくこれからもまだ続くし、
そしてそういう違和感に
コトバを与えていく試みを
続けていくだろう。

おさまりの悪い、
据わりの悪いことの中にこそ、
忘れてはいけないことが
たくさん、ある。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-08 16:44 | 日々の雑感。
久しぶりにゴスペル曲をアップします。
この曲は先月、
今月と教わっているもの。
先生からは
「仕上げるまでに3年かな〜」と言われている…
いつも難しいですが、
これもかな〜り難易度の高い曲。

「HOSANNA」という、
KIRK FRANKLINの(これも)名曲。

元気を出したい時、
ガツンといこうぜ〜!
という時に聞いて下さるといいかも。


ちなみに.
◆HOSANNAの意味
元来ヘブライ語で「救い給え」の意
キリストがエルサレムにはいったとき、歓喜した民衆が叫んだ。
のち、神をたたえる言葉として典礼に用いられた。ホザンナ。(yahoo辞書より)

私はクリスチャンではないけれど、
ゴスペルにはなぜかタマシイを揺り動かされる。

きっと、前世は
ハーレムで歌っていたのだと思いたい(笑)

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ<
[PR]
by holyqueen | 2009-02-07 00:40 | ゴスペル
がんの告知を受け
治療を始める。


治療者との関係、
治療法への不安と期待、
周囲との関係、
仕事や生活の変化など、
告知以後には
それまでに体験しなかった
大きな変化が伴う。


がんの告知を受けて
私が最初に決めたのは
「起こることすべてを受け入れ、体験し、味わい尽くす」ということ。


今回からは
治療状況とそれに伴う心身の状態の変化、
そしてそれへの考察を
治療のステージ別に分けて
書いていきたいと思う。



…告知に先立って、
私には二つの大きな喪失体験があった。

ひとつは自分の告知前年の
父のがん発覚〜死の看取り。
もうひとつは
実家の売却に伴う過去の整理。

父のがんの進行は思いのほか早く、
8月より治療を開始、12月末には他界した。
余命宣告より4ヶ月も前だった。
そして翌年1月より実家の整理を開始。
膨大な量の家財を4月までというリミットの中、
思いに浸る間もなく、投げ捨てるように片付けた。
その他にも母の介護、
開始したばかりの事務所の運営もあり、
朝起きたそばから疲れて重い身体を
気力だけで持たせているような毎日だった。


そして同月、
2年ぶりの健康診断でがんが見つかった。
いろいろなことが一段落して、
少し休みたい…と思っていた矢先のことだった。

自分のがん告知後の心理状態には
上記のことも
大きな影響を及ぼしていたと感じる。


どんな状況でがんを迎えたのか、
それは人によっても大きく違う。

治療法も、がんの発症部位も、ステージも
それぞれ違うように、
感情の変化も
十人十色であることと思う。


それでも、
共通する何かを
抽出することができるかもしれない、
と思うのです。

そしてそれを見てみることで
何かヒントになることがあるのかもしれない。
あればいいなあ。


ちょっとエネルギーのいる作業なので、
ちびちびいく予定です。


感想、意見、歓迎っす!



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-06 14:31 | がん以後の変化
あるとき、
友人へメールをしたときのこと。
「病気以前、以後の自分は本当に違う」、
と書いた。

友人は、
何がどう変わったの?と
食いついてくれた(笑)

それは告知以後、
とりわけ昨年、
すべてのオペを終えてからもずっと感じており、
ああ、こんな感じ方をするようになったんだ…とか、
世間と思いっきりズレまくってるな、などと
と思う事がしばしばあった。

それまで自分がいた世界の中に
足を踏み入れるのが辛い時期もあった。

彼らは今まで通りの世界にいる。
けれど、自分は外身こそ変わらないが
中身は以前とは違うのに、
それまでのようなつきあい方、
振る舞い方をしなければならないのが
苦痛な時があった。

もちろん、ホルモン治療の影響で
神経が立っていたこともあるが。

それを差し引いても
やはり違いがあることを
これからここで書いていきたいと思います。

おそらく
言語化するのがむずかしいだけで、
変化した、と感じている方は
多いのではないだろうか?

ぜひ、そういう方に読んでいただければと思う。

自分もなかなかコトバにするのが
難しかったが、
そろそろ書けそうな予感がしている。

では次回からシリーズで…♪

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-03 23:22 | がん以後の変化