乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

週末、
天気がよかったので箱根神社に。

もともと大好きな場所なので
何度も足を運んでいる。
お願い事をするというよりも
感謝と決意を述べに行く、ということが多いが、
今回の大腸がんが無事に摘出できたことに
あらためて
お礼詣りに行きたかった。
それが、自分の中でも一区切りになる感じがあった。

階段を登り詰めると、
大祓の大きな茅の輪があった。
大祓は年末だけでなく。
夏至は、日本でもヨーロッパ圏でも
大切な祀りなのですね。
(これも区切りじゃないか…!)

箱根神社の拝殿上には、こんな龍の彫刻があります。

c0154672_15454572.jpg


箱根、九頭龍の分社、双方にお詣りをして
お水を汲ませていただく。

先月、やわらぎの湯に行ったときも思ったけれど、
加熱ボトリングしてあるミネラルウォーターと比べると
生の(笑)水は何かが違う。
やはりナマなだけあって、生きている感じがするのです。
水は、毎日摂るものなので、
本当に大事だなあ。

お詣りしていつものようにおみくじを引くと…。

大吉!

大吉…いったい、何年ぶりだろう…(涙)
そしてビックリしたことに、
ツレも同じく大吉を引く…!
こんなことは初めて。

体力も大分回復し、
外出もふえてきたところでもあり、
これからはカラダに沿いつつも心配し過ぎず、
病を得ていただいたことを活かしつつ
進むべき道へ行こうと思っていたので、
後押しされる気分になった。
でもあまりに久しぶりなのでドキドキ…(小心者…)

お昼は、ツレのリクエストで
仙石高原の「しずく亭」という自然薯専門店へ。

麦とろをいただきました。

c0154672_1662460.jpg


とろろはものすごく舌触りが滑らかで、
のどごしがよい。
お吸い物に入っていた自然薯のつくねも、ふわふわ。
天日干しのアジの開きは、
備長炭で焼くそうで、
ガスで焼いたものとは違い、ブロンズ色!
外はかりっとして中は柔らかい。

滋味あふれる食事だった。
食欲の落ちている方にもおすすめでございます。

暑い日だったので
芦ノ湖を渡る風も気持よく、
いつもは厳しさを前面に感じる箱根神社も
今日は珍しく(!)柔らかく迎えてくれた感じ。
ありがとうございます。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

[PR]
by holyqueen | 2009-06-30 16:23 | 日々の雑感。

晴れと雨の間で。

昨日の激しい雨のあとの晴れ間。
雨上がりは、いつも緑が美しい。
こんな日は、「山が笑っている」だろうな。


窓辺のミントやティートゥリーを見てみると、
一昨日よりもあきらかに長く
背丈をのばしている…!

特に、なかなか株をふやしていかなかった
スペアミントが、一本だけ
柵の向こう側まで首をのばしている。

5月のGWの頃も
太陽をたくさん浴びてぐんぐん伸びたけれど、
やはり植物に雨は大いなる恵みなのだな。

雨は世界の浄化。

そして、病もまた
その意味を受け取れるなら
自分や世界の浄化に変わる。


浄化のプロセスは厳しい。

苦しんでいる最中は
そこに耐えるのことで
精一杯だけれど。

苦しみだけでなく、
喜びだけでもなく。

苦しみとも喜びとも違う、
陽の光だけでは育たない何かが、
自分の中に育っていることを
確実に感じている。


おそらく、
病を得たことを
その栄養としながら。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-25 17:12 | 日々の雑感。

おいしくてビックリ!

乳がんオペ後から
乳製品をやめ、
なるべく野菜を摂る生活を意識してきたが、
大腸がんが発覚してからは
野菜の摂取量を大幅に増やすことにし、
肉類はたまに鶏のささみを使う程度で
ほとんどやめた。

とはいえ毎日新鮮な野菜を摂るのはむずかしい。

というわけで、
ついに低速圧搾ジューサーを購入した。

私が購入したのはこのタイプのもので、
値段もそれなりにするけれど、
いろいろ比較検討していたところ、
たまたま入ったカフェでこれを置いているのを発見し
使い勝手などを聞いてみたこと、が
決め手になった。


本日さっそくジュースを作ってみました。
にんじん2本とグレープフルーツ1個。
(これで二人分くらいあった)

絞りたてを飲んでみる。

甘い!
思わず喉をごくごく鳴らして飲んだ。
ツレがびっくりして
「そんなに喉を鳴らすほどなのか?」と
横からコップを奪われましたが。

生ジュースをご自分で作っていらっしゃる方は
すでに多いと思いますが、
こんなにおいしかったのですね…!!

昔からよくある、
繊維をブレードでぶった切る(笑)タイプのジューサーとは
雲泥の差で、
するすると喉を通って行く。
食欲や消化力の落ちている方にもかなりおすすめと思います。

今までデパ地下で飲んでいたものは何だったの(笑)というくらい、
うまさにハマりました。

にんじんも箱で注文したので
あとはどんなものと組合わせてみるか、
いろいろバリエーションを考えてみるのが
楽しみでもある。

おすすめのレシピのある方、ぜひ教えて下さいませ♪



そして最近は(ありがたいことに)
日々元気が復活してきている感じがあるので、
さまざまな町の
オーガニックレストランも探索中。

ふえていますねえ。
今どきのオシャレなお店が…
ベジタリアンの友人と、
「10年前とは全然違うよねえ」としみじみ。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

[PR]
by holyqueen | 2009-06-21 23:29 | 食事

マリアのビートル。

今回、入院する前日のこと。


買い出しを終えて
スーパーの駐車場に戻った。
暑い日だったので
窓は2センチほど開けていた。

席に座ると
何かが腕を這っている感じがして、
思わず振り落とす。

リヤシートの窓の外を見ると
テントウムシがガラス窓越しに歩いていた。
あれ?これだったのかな。
いつの間に外に出たのだろう?と思っていると、
夫が「あ」と声を上げ
テントウムシを窓の外に出すところだった。

わずかに開いた窓から、
テントウムシが入り込み、
さらにもう1匹が窓の外を散歩していたのか…???
そんな偶然ってあるのか、と思った。

スーパーの駐車場なので
もちろん樹も生えていない。
町中の、通り沿いにあるふつうの駐車場である。

なんだか不思議な気持だった。


そして、オペの日の朝。
早く起きて院内の庭や近くを散歩する。

小学校の脇の桜の木の下に腰掛けて
ぼーっとしていると。

アタマに何か止まったものがあった。

…またもテントウムシだった。

さすがにこの短い期間に3回ものテントウムシに
お目にかかるとは。

帰ってきて、
調べてみた。

昔、ヨーロッパで農作物が害虫の被害にあったとき
農民がマリアに祈った。
するとテントウムシが現われ、害虫を駆除してくれた。
それ以来、テントウムシは
「マリアのビートル」と呼ばれ、
病を癒し、幸福の象徴となったという。


…なんだかもう充分な答えをもらったような感じになった。


ダブル・キャンサーになってしまったことは
大きなショックだったけれど、
今回の大腸がんを
早期で発見できたのは本当にラッキーだった。

というよりも
サインをもらえたことは
護ってくれている存在がお知らせをしてくれた、
と思えるのです…

死んだ父なのか叔父なのか祖母なのか
神サマなのかわからないけれど、
サインをくださって
ありがとうございます。
そして、病の兆候を出してくれた
自分の身体にも感謝。


検査結果の出た後は
しばらく腑抜けになっていたけれど、
やっと切り替えつつある今日このごろです。

それから、
コメント欄にお見舞いのコトバをいただいた皆様、
本当にありがとうございました。

感謝の気持で一杯です。





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-19 21:36 | カラダとスピリチュアリティ

病理の結果。

先日の告知から、先週末、再度の受診。

病理結果が出た。


大小二つのポリープを切除。

小さい方は1Ommほどで、これは良性。
大きな方は25×18×16mm,
S状結腸の高分化腺がん。

深達度SM、
ステージ1の
SM1との診断。

がんは粘膜下層まで及んでいたが
そのうちでも浅い方であるということ。
(下層深部の場合は早期でも5~10%程度
リンパ節への転移の可能性がある、
ということだった)
今回の判定では転移は認められないとのこと。

検査報告書を見ると、
「断端陰性(深部)」と記載してあった。

この言葉をどんなに待っていたことか…!


今後は半年毎の内視鏡検査を2回、
その後は年1回の内視鏡検査を3年、
というフォローとなった。


結果が出たその日は嬉しかったが、
次第になぜかブルーな気持になる。


とにかく結果が出るまでは
日常や仕事に支障のないよう、
あまり考え込まないようにしていたが、
結果が出てほっとすると同時に。

昨年でとりあえずの終結、と思っていたのに
再びオペをすることになった、ということ。
そして転移でも再発でもない
新たな原発性のがんがあった、
という事実をあらためて考えると、
何とも言えない気分となったのだった。


乳がんの場合は
オペ前にいろいろ検査ができ、
その分情報検索も、心構えもする時間があったが、
今回は取ってみないといろいろなことがわからない…という点が
不安でもあった。


しかし、この短期間に
原発2つって…



とはいえ、
早期の段階で
がんであることが分かったのは
本当にラッキーだったと思う。


と、Dr.にも言われた。


ちなみに
今回のDr.はきわめて分かりやすく
丁寧に説明して下さいました。


もうしばらくがんの心配はしたくない…




オペ前には、
ちょっと不思議なシンクロニシティなど
あったけれど、
落着いてからまた書くこととします。





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-10 19:28 | 病院治療

最低の告知と思う。

本日、大腸ポリペク後、初の診察。

診察室に入り、
座るか座らないかのタイミングで

「がんでした。
執刀した医師はMというので
今後どうするかということは
Mと話して下さい。
切った人間がいちばん分かるから」と
言われた。

「…グレードとかグループとか、
取りきれているかどうかは
病理で分かると聞いたのですが」とこちらが言うと
遮るように
「がんにグレードもグループもありません、
悪性なんだから。
あとはMと話して下さい」と言われたのみ。

二の句がつげずに診察室を出た。

この日の診察のために、
夫も忙しい中
半休をとって臨んだのだが。

時間にして3分もかからなかった。

…これでいいのでしょうか、
Tノ門病院分院、外科部長のセンセイ。

他のクリニックで
悪性であることは指摘されていたので
それなりに少しは心構えはあったし、
がん告知も二回目である。
もちろん、決して慣れたとは言わないが。

が、患者にとって
もしこれが初めてのがん告知だったら?
がんと思わずに臨んでいたら?
単にポリペクをしただけのつもりであったら?

それでも
こういう言い方をするのだろうか。
どんな事情があるにせよ。


検査結果が出ているにも関わらず、
何の情報も開示されず、
M医師の診察予約をとって
帰ってきた。

詳細は引き延ばされた。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-02 20:19 | 病院治療
5月半ばに2泊3日で「やわらぎの湯」に行ってきました。

福島県の三春というところにあるこの湯治場。
オーナーさんがこの湯を発見して
運営するに至るまでも不思議なエピソードがあるとか…
友人に誘われるままに、足を運んでみた。

まずは施設の案内から。

<交通>

トウキョウからは郡山まで新幹線で
1時間20分〜40分というところ。
そして在来線で2駅、「三春」下車。
駅からはタクシーで10分ほどです。
案外、近い。
バスだとトウキョウから4時間程度。


<施設>

チェックインは12時から。

ここには自家源泉の温泉が二つと、
岩盤浴場がある。
日帰り入浴もできる。

岩盤浴は玉川温泉を抜き、
ラジウムの量では日本一だとか。
濃度が高いので
1回の入浴時間は40分以内、
5時間を経過してからでないと次の入浴はできません。
で、朝5時半から入れるのであります…!
岩盤浴場は全部で3つあり、
(ひとつは入らなかったけれど)
温度/湿度の高低差があります。
自分の入りやすい方を選べます。
入浴には、専用のゴザを購入する必要あり。

温泉は二つあり、
ひとつは43度、
もうひとつの展望風呂はなんと46度!
がんの方が多いため、
がん細胞が死滅すると言われる43度以上を保っているそう。
お湯は飲泉もできます。
とてもやわらかく、飲みやすいお水。

部屋は個室、大部屋、コテージとタイプあり。
(自炊もできます)

<食事>

朝食、夕食はバイキング形式。
野菜料理がメインで、(肉、魚のおかずも少しあり)
品数が多いので
うっかり取りすぎると食べ過ぎ必至。
(2泊の滞在中にしっかり体重が増えていた…)
味は想像よりもよく(失礼)、
バラエティに富んでいるので
案外飽きないものでした。
自分の家ではそうそうたくさんの種類の野菜は
とれないので、大変ありがたいメニューです。
ただ、食事時間の前には
すでに宿泊客の行列ができるほどのにぎわいで、
最初はちょっと引いてしまうかも…


<外出>

昼は町まで無料で送迎もしてくれるので、
外で食事や買物をすることもできます。
歩いて行っても15分ほどかなあ?
天気がよければ、散歩もいいかもしれません。
そんなにたくさんのお店はないけれど、
きれいな町並みで
ちょっとした気分転換にもなります。
知らない町を散策するのはやはり楽しい。


<環境>

そばには普通の温泉宿もあり、
町に至る道にも民家があり、
山深い中という訳ではなく、
敷地の周りには里山もあり、
緑も多い、静かなところです。
むしろ施設内の方がにぎやか(笑)



訪れたときは
風が強かったけれど
3日ともとてもいい天気だったので
緑がことのほか美しく、
外を眺めているだけでも気持がよかった。
ちょっと寒かったけれど、
夜には、星もたくさん見えました。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-01 16:47 | 代替医療