乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

元気、回復中。

ブログの更新がなかなかできなくなってきた。



がんのことは毎日頭に浮かんでいたのに、
考えない日がふえてきた。

友達と、バカ話をするのも復活。

友達の家で飲み会をして
ガールズトークとオヤジギャグで大笑いして
誘われるままに
お泊まりしてしまった。

楽しい時間だったけれど、
しっかり二日酔いだった…orz

ゴスペルを歌いながらの
身振り手振りが大きくなってきた。

楽しいときに素直にカラダで表現する癖が戻った。
(嬉しいとぴょんぴょん跳ねる…)

これからやりたいことへの希望が出てきて
人に熱く語ってしまった…

やりたいことや楽しみの計画を
いろいろ考えるようになった。

最初のオペ後は
ハイテンションになっていたが、
(あとから気づきましたが)
そういう状態でもなく。

というより、
今年になってからは
何をやっていても
感情にブレがない(なさ過ぎな)
クールな状態が続いていたけれど、
(どこかで不安や警戒があったのだと思う)
今は「やっていることそのもの」を楽しめている。
以前のように。

仕事でも日常でも
体験してみて
必要ない、
気持よくない、
これ以上関わる必然性がない、
と感じることがくっきりしてきて
その線引きが
明確になってきた。

歌も変わった。
何が、とは具体的にいいづらいけれど、
声も深いところから出てきている気がする。
歌のニュアンスも。

大腸がんのポリペクからは
3ヶ月ほどになる。

たかがポリペクかもしれないが、
がんであったことには間違いがなく。
そのショックも引きずっていたが。

そんなことも忘れてきている。

時間はいちばんの薬なり。

けれども、
こうなるには
それなりの経過を辿ってきたからなんだなとも思えるです。

焦ったり、無力感に囚われたり、
不安になったことも多かったけれど。

そのことも、
今後に生かして行けるな、と思えるこの頃です。





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-28 02:03 | 日々の雑感。

胃の内視鏡検査へ

7月初めから
口の両脇に口角炎ができ、
ガスモチンとフラビタンの投薬を受けていたが
なかなか改善しないので、
お盆前にまたクリニックへ。
パリエットも追加して様子を見る。
片方の口角炎は治ったが、
片方は改善なし。

そして本日は胃の内視鏡検査を受けた。
胃は2回目で、
もう4年ほど前か、
レントゲンで異常が確認されたときに受けたことがある。
その時は経口のカメラで
ものすごく苦しい思いをしたので
2度と受けたくない、と思っていたのだが、
このクリニックでは
鼻経由での内視鏡で
直径も5,9mmと細めであること、
(経口のタイプは11mmほどらしい)
やはり2回のがんを経過した身としては
先手必勝というルールが身に付いたため
今回の検査を決めた。

検査室で
鼻に拡張剤を噴霧したのち
麻酔薬を流し込む。

左側を下にして横臥し、
内視鏡を入れて行く。

やっはり喉につかえて
むせて咳をしてしまう。

喉元過ぎれば何とやらで、
なんとか通り抜けた後は
モニターを見つつ
説明を受ける。

胃の入り口がわずかに白くなっており、
胃酸の逆流の影響ということ。
胃の内部は萎縮もなく、
比較的若い胃の状態であること、
ピロリ菌もいなさそうとのことで
「がんにはなりにくいタイプの胃ですね」とDr.
(どういう胃ががんになりにくいのか、
しゃべると気持悪くなりそうで聞けませんでしたが…)

現時点ではほとんど問題がなさそうだが、
胃酸の出が多いらしいので
続けて投薬してもらうことに。

ああ、とりあえず
大きな病変がなくてよかった…

がんになるまでは
病院に行ったり
検査を受けたりするのも
全く熱心ではなかったけれど、
まずは検査を受けることで
状況分析ができる。

患者のプロになってきてしまったのでしょうか(笑)

しかし、
いくら細いといっても
やっぱりニガテ。
終わったあとには
身体中、汗をかいていた!

本日は検査、処方箋を含め
4870円でした。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-22 16:29 | 病院治療
ゾラデックスも
残すところ2回となった。

が、注射をしたあとの
アタマが締め付けられるような痛みは
変わらずにある。
今回は腹痛も少し。
(これはゾラのせいか分からないが…)

それでも以前ほど気にならなくなったのは
総体的に体調がよくなったからなのだな、と思う。

この暑い最中なのに
2~3日、
術側の右胸の筋肉が
収縮するような痛みがあった。
主治医に聞くも、原因不明。

ゾラデックス終了後は
一月後にモニタリング。
その際に今後の投薬をどうするか考えよう、
とのことだったけれど、
ノルバテックスを副作用により中断したので
それを復帰させる可能性は薄い、と主治医。


投薬が終わっても
しばらくは薬の影響が残るはずだが、
その後の自分の身体の状態を
きちんと確かめて行こうと思う。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-19 19:13 | ホルモン療法
ずっと忙しい日々と
忙しい日々を終えて
アホになっている日々が続いていたので
本日はやっとゴスペルの練習に行った。
通常練習に加え、
特訓でした…!!


知人が実行委員をしており、
横浜のリレーフォーライフの出演の誘いを受けたのですが、
私の所属するクワイアで出演させていただくことに
なりました!

出演は9/22です。
時間はおそらく夕方頃になりそうです。

これからクワイアのディレクターと
曲も選定して行きますが、
クワイアの皆に趣旨を理解してもらって
リレーフォーライフに
ふさわしい歌を選んでいきたいと思います。

今、闘病中の方、
そのご家族やお友達、
治療者の方、
がんで大切なひとをなくされた方。

すべての方のタマシイに届くような歌を
心を込めて歌いたいと思っています。

考えるだけで
今から涙が出る自分ですが
叱咤激励しながら…

私もまだ乳がんのホルモン療法中であり、
大腸がんの予後の身でもあります。

自分も含め、
みなさまのいのちを思って
亡くなられた方のいのちを偲んで
大切に大切に歌いたいです。


お近くの方がいらしたら
また、ご興味のある方がいらしたら
ぜひ足をお運びください。

また詳細はアップします。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-12 00:59 | ゴスペル

ちょっと不安…

7月初旬、
久しぶりに脂っこいものを食べたあとから
口角炎ができた。
時折の吐き気、
空腹時の軽い胃痛なども続く。

内科でビタミンBと胃の薬を処方してもらい
服用して様子を見たが
全く変わらない。

忙しかったので
その後は漢方の胃薬など買って飲んでいたが
口角炎は治る兆しを見せず、
ついにまた内科へ。

Dr.に相談し、
薬もまた服用を続け
胃の内視鏡を撮ることにした。

今までも、
胃の調子が悪いことはあったが
こんなに長いこと口角炎が続くことはなかったので
ちょっと不安。

どうしても
またがんかも…
という思いがアタマをよぎる。

なんでもないといいな、
と願いつつも
何かあったとしても
冷静に対処して行こう、
と同時に思ってしまうのが
ある意味、悲しいようにも思う。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-11 14:32 | 病院治療

雨に癒される

先週末、
毎年行っている
山の中でのワークショップをしてきた。

3日間、
森の中にいて
テレビも見ないし、
下界には行かない。

着いた日から
曇ったり時々太陽が顔をのぞかせたりしたものの、
ほとんど雨が降っていた。

会場のホールにいると
蝉の声と雨の音に包まれる。

横になって
その音を身体の中にしみ込ませる。
とりわけ胸のチャクラに
音がしみ込んでいくのがはっきりと感じられる。

過去も未来も考えず、
ただひたすら「今」という身体にいる。

雨が私たちのいる世界を
包み込んでくれている、と感じた。
激しく降っているときでさえ、
その音が心地よい。

こんなに全身で雨を感じたことはなかった。
優しい雨だった。


雨と森に守られながら
静かに声を出してみたり、
樹と会話をしてみたり、
大地や樹や火を踊った。

その土地でできた
とれたての野菜料理を食べて
エネルギーをいただく。
都会で食べるどんなレストランの料理より、
私はここの食事がいちばん好きなのだ。

そしていただいたエネルギーは
声や動きとなって表現され、
また周りに還元されて行く。

身体はエネルギーを通す
ただの筒になる。

自分だけではなく、
自我ではなく、
周囲の自然や環境と影響し合い、
循環し合い、
自分もまた、
あまたのエネルギーのひとつになる至福。

思ったより
体調もよくなかったし、
体力が落ちたのも感じたが、
無理もせず、
できうることをしつくした。


ときおり、
市街を見下ろせる場所に行き、
変わりゆく空を眺めたり、
木の葉のささやきを聴いていたりした。



一昨年、昨年は
病を受け入れていくということがテーマだったが
今年の自分は
受け入れたのちに
何かを手放せたような気もする。


あるセッションの終わりには
皆で空(くう)になった。

何があろうとも
最後には灰になる。

だからこそ、
つらい日も
穏やかな日も
充分に生ききろう、と
皆に向けて
見えないメッセージを送った。


病であってもなくてもね。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-04 14:25 | カラダとスピリチュアリティ