乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:スピリチュアリティ ( 7 ) タグの人気記事

「まま」であれ。

2007年、告知後4ヶ月目に書いた詩のようなことば。
右胸とさよならする前に踊ることを決め、
スタッフに向けて
こんなコンセプトでやります、という意味合いで書いたもの。

今の自分の姿勢も変わらずにいます。
なのであえてトップに置いておこう、と。

*******

季節は変わりゆく。

ある人にはゆるやかに、
ある人には劇的に。

ーeverything must changeー

変わらないものはない。
川の流れのように。

喪失があり、再生がある。

すべてを流れにまかせてゆく。

「間」は意味深い空隙。

「無」に満たされた時間。

「魂」のあそぶ時間。

あらゆるものは「無」から始まり「無」に還る。

見つめあい、コトバが出ないときも「間」。
うつむいて溜め息をつくときも「間」。

何の役割も引き受けず。

そこにほの見える真実の瞬間。

瞬間=瞬く間

過去も未来もなく。

そして瞬間を踊り、歌い、生きる。


悲しみは転ずると慈しみになる。
怒りは転ずれば感謝となる。
オセロのコマがひっくり返るように。

人の心に届くものは
なんなのだろう?

かずかずの与えられた「意味」を振り捨てて。
あらゆる「嘘」を身からひき剥がし。

なにものにも頼ることなく
なにものにも寄りかかることなく。

「まま」であれ。

強くも弱くもなく
「しなやか」であれ。
流れのままに。

「今」を生きるだけ。

「真実」を生きるだけ。

はだかの子どものように。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-12-30 07:26 | カラダとスピリチュアリティ

マリアのビートル。

今回、入院する前日のこと。


買い出しを終えて
スーパーの駐車場に戻った。
暑い日だったので
窓は2センチほど開けていた。

席に座ると
何かが腕を這っている感じがして、
思わず振り落とす。

リヤシートの窓の外を見ると
テントウムシがガラス窓越しに歩いていた。
あれ?これだったのかな。
いつの間に外に出たのだろう?と思っていると、
夫が「あ」と声を上げ
テントウムシを窓の外に出すところだった。

わずかに開いた窓から、
テントウムシが入り込み、
さらにもう1匹が窓の外を散歩していたのか…???
そんな偶然ってあるのか、と思った。

スーパーの駐車場なので
もちろん樹も生えていない。
町中の、通り沿いにあるふつうの駐車場である。

なんだか不思議な気持だった。


そして、オペの日の朝。
早く起きて院内の庭や近くを散歩する。

小学校の脇の桜の木の下に腰掛けて
ぼーっとしていると。

アタマに何か止まったものがあった。

…またもテントウムシだった。

さすがにこの短い期間に3回ものテントウムシに
お目にかかるとは。

帰ってきて、
調べてみた。

昔、ヨーロッパで農作物が害虫の被害にあったとき
農民がマリアに祈った。
するとテントウムシが現われ、害虫を駆除してくれた。
それ以来、テントウムシは
「マリアのビートル」と呼ばれ、
病を癒し、幸福の象徴となったという。


…なんだかもう充分な答えをもらったような感じになった。


ダブル・キャンサーになってしまったことは
大きなショックだったけれど、
今回の大腸がんを
早期で発見できたのは本当にラッキーだった。

というよりも
サインをもらえたことは
護ってくれている存在がお知らせをしてくれた、
と思えるのです…

死んだ父なのか叔父なのか祖母なのか
神サマなのかわからないけれど、
サインをくださって
ありがとうございます。
そして、病の兆候を出してくれた
自分の身体にも感謝。


検査結果の出た後は
しばらく腑抜けになっていたけれど、
やっと切り替えつつある今日このごろです。

それから、
コメント欄にお見舞いのコトバをいただいた皆様、
本当にありがとうございました。

感謝の気持で一杯です。





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-19 21:36 | カラダとスピリチュアリティ

体外離脱…?

今を去ること10数年前かしら。
真夏の、暑い日の午後だった。

私はその頃ダンスの舞台を控えており、
毎日仕事のあとに夕方から夜中まで
稽古と打合せで帰宅も遅く、
へとへとになっていたのだった。

その日は珍しく一日休みで
母と姪が私の部屋に遊びに来ていた。
夏の盛りだった。
午後、あまりに暑く、近所に出かけた後
3人で昼寝をすることにした。

クーラーをかけて
ほどよく涼しくなった部屋で
母と姪はすぐさますうすうと寝息を立てている。
ふだんは寝つきの悪い自分も
たまった疲労と暑気あたり、そして心地よい環境の中
眠りに引き込まれていった…

が。

半分寝入りかけていた私の額が
まるでそこだけエレベーターで急上昇するときのように
ゴゴゴゴ…と揺すぶられた、ような感じがした。
そこだけに、すごい圧がかかっているような感覚であった。
そして次の瞬間に
そこからすっぽ〜んと「出ていった」ような感じがしたのだ。


え〜っ!と思っているうちに
いつの間にか、私は天井近くにいた。
えっ!
こういう時って自分のカラダを見たりするらしいよね〜と
意識のどこかで思っていたのであろうか。
下を見下ろした。
南向きの部屋の、明るい陽射しの下で
くちゃくちゃになったふとんが見えたことは憶えている。

そして次の瞬間
目の前が真っ白な光で輝き、
それ以外何も見えなくなった。
エレベーターはさらに上昇しようとしている、と感じた。
ぐんぐんあがっていく。

その瞬間、どこにいってしまうのかわからないという恐怖が生まれ、
私はココロのうちに亡くなった祖母の名前を呼んだ。
(今でも祖母は私のお守りなのである)


次に気がついたときには夕方であった。
私はふとんの上に寝ていた。
母と姪は健やかな昼寝を堪能していたようであった。


これは体外離脱の体験だったのかな、と今でも思う。
あのまま上昇を続けていたら
宇宙から地球を眺めることができたのかしらん。
今思えばもったいないことをした…
死ぬ前に、自分の身体を抜け出せるなんて
滅多なことでは体験できないから。

人間の究極の不安と恐怖は
「死」である。
死んだらどこへ行くのか、
死んだら無になってしまうのか、
人により、
その恐怖の質も違うのだろう。

ただ、臨死体験をした人の多くが
死ぬことが怖くなくなると言う。
(興味のある方は→に紹介してある
立花隆の『証言 臨死体験』をご覧あれ)

自分も先日のワークの体験から
それに近いことを思っている。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ<
[PR]
by holyqueen | 2008-12-23 13:23 | カラダとスピリチュアリティ

今日もプロセスを生きる

昨日は誕生日で、
思いがけずに多くの友人から
メッセージをいただき、ビックリ。
そして感謝です。

昨年の誕生日は
術後2週間ほどで、
ようやくゴスペル練習にも復帰した頃。
まだまだエキスパンダー入りの胸の違和感に慣れず、
腕の動きも悪く、
それでもなんとか日常に戻ろうと必死になっていたんだな、
と今は振返ることができる。

あれから1年。
苦しみと同時に歓びももたらされた日々であり、
同時に今まで生きてきた世界、
当たり前であった日常が
いかに当たり前でなかったことかに気づいた。

生きて行くことは
本当は「死」と常に隣り合わせなものである、と
「自分のこと」として感じる日々でもあり、
死を隠蔽したり
否認したりする世間の通念や、
「三人称」として一般化して語られること
(『みんないつかは死ぬんだよ』的な発言)にも
大きな違和感を感じたりしていた。
(自分が死ぬかもしれない、
という思いを抱かなければ
そんなことは分からないものだ、と今は思うけれど)


また、それは
自分が今まで日常の中で
アタリマエに引き受けてきた有形無形の
「役割」を降りてみる、ということにもつながった。
周囲の人を
大分困惑させましたが…

けれどもそのおかげで
捨てるものは意識せずとも捨て、
しがみついていたものからも
自然に手を放せた感じがある。

というより、
無駄に力を込めることを
もうやめてもいいんだな、
ということを
病から教わった。

シンプルになってみると
自分自身がスッキリする。

生きていくプロセスそのものが
如何に死ぬことか
につながる気がしているし、
それ以上に大事なことは
ないのではないか。

そして
本や映画や芸術など
自分が触れてみたいものだけに触れ
探求してみたいものだけにアクセスする
という日々を続けてきた。

仕事上、必要なことをすること、
そしてその反動で発散していた以外のことを
久しぶりに自由に味わいながら
静かにじわじわと身にしみ込ませていたような感じ。

裏主治医が
病には三つの意味があると言っていた。
曰く、
「警告」「卒業」「進化」とのこと。

自分の場合は
「進化の最中みたいですね」とのことだったが。
もちろん
自分ではそんなことはわからない。
真っ最中は、誰も自分のことなど分からない。

ただ、病を通して
それを忌むべきもの、
遠ざけるべき「敵」と思っていないのは今も確かで、
だからこそ得られるものも
あったと深く思っている。

今日を生きる。
その日一日を生きる。
何かカタチを成すことが
本当に生きている、ということでもないのだな、
と今は思う。

カタチではなく
行くべき道をいくだけであり
プロセスを歩むことが
結果として自分の求めるところなんだな、
という気がしている。

きっといろいろなところを旅するのだろう、
これからも。

友人が、
「昨年生まれ変わったから
今年は1歳だね」とmailをくれた。
老けた1歳ですが(笑)

そして、病の実り、
というものもあるのだろうと
感じている昨日今日です。


このブログももうすぐ1歳だ!





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-11-13 23:05 | カラダとスピリチュアリティ

新月だったので♪

昨日は新月。

新月はすべての終わりであり、
再出発を意味するという。

古いものを脱ぎ捨て、
新しいスタートを切るのによい日なのです。

そして昨日の新月は蠍座で起こった。
蠍座生まれの自分にとっては、
まさに再出発の時期の訪れなのだ。

というわけで、
昨日はウィッシュリストを作った!

先月は
副作用とストレスの相乗効果で、
身体も気持も大分トーンダウンしており
とても希望や夢を思い浮かべられる状態ではなかったけれど、
気力も体力も大分アップしてきた今、
書いてみたウィッシュリストを見て、
ちょっとワクワクしました。

書くということで
自分の「エゴ」ではなく
「セルフ」が何を望んでいるかが
とてもよくわかる。

そしてそういう自分の「セルフ」の声に
耳を傾けること、
自分の中心から出てくる感覚や直感を
「信頼」すること。
それがとてもとても大切なことだと
あらためて感じる。

身体感覚を育てると
直感と思い込みの差がはっきりと分かってくる。

自分にとっては
直感は真実であり、
敬意を払うべきものなのです。

今日、電話で
あるセッションを受けた後
目を閉じて
静かに
リラクセーションをしていたら、
今後の夢のひとつが
ありありと具体的にビジュアライズされてビックリ。

今の自分が未来を作る。
今の自分の思いが方向性を決める。

ミントを育てなければ
自家製のミントティーは飲めないように(笑)

乳がんになって
辛さや苦しみを味わった後に
感じられたことが沢山ある。
それを生かしたいな、と思う。

未来のために
地道な一歩一歩を
楽しみつつ
歩いていこう、と思えた。
時に休みながら、
時に道草を食いながら。


みなさまも
ぜひ新月のウィッシュリストをお試しあれ。
まだ間にあいます。思い立ったが吉日だ!
何より、書いてみると楽しいです。
作成の仕方はここのページが参考になりますよん。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-30 13:42 | カラダとスピリチュアリティ

がんになったからこそ

告知以後、
オペまでの何ヶ月か、
初めてそして3回目までのオペ、
それからホルモン療法ちうと
この1年半あまり
様々な経験をしてきて。

がんになったからこそ
感じたり
考えたりすることもあるのですが、
とても自分が変化しているのを感じる。

それはおそらく「タマシイ」の部分で。

基本的には
特にこれ、という宗教に帰依しているわけでもないし、
神仏にすがって
ぜひ治して下さい!とお願いするつもりもなく。
神社仏閣にお詣りするときは
感謝が基本である、と思っているし。

でも、今はまだうまく言えないのだけれど
がんになったことで、さらに
自分が大きな転換をし始めている感じがずっとしているのです。

このごろ読んでいる本や、
訪れるHPなどからも。

まだそれがコトバにして言えないのが
もどかしい…

でも、確実に変わりつつあるようです。

もともと、
自分は演劇からダンス、そしてセラピストという経路を辿ってきている。
その時々でフォーカスする地点が
思考→感情→身体→感覚と移行を続けてきている。
感覚の後に超感覚(いわゆる直感とか、第六感とか)も
ついてきている。

がんという病を与えられて、
それにまた何かがくっつきそうな…
そんな予感。

まだコトバにならないな。

そのうちに。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-18 23:45 | がん以後の変化
8月初旬、毎年行っている合宿。
今年も、いつものように多くの方と
身体感覚や動きのさまざまなセッションをともにしてきた。

私の仕事の本質は
安全な中で参加者の皆さまが安心して
自分自身に向き合うことのできる場を提供することにある。

そして、この合宿は自分自身の「定点観測」の場でもある。
1年に1回なので、
昨年と今年では自分がどう変化しているかがよく分かるのだ。

昨年は告知後であり、
主治医から治療についての提案を受け、
8月中に考えておいてね、と宿題を出されていた時期。
まだまだ混乱も激しく、
とにかく目の前にあるこのイベントを
しっかりと安全に行う、ということが優先順位の一番でもあった。

今年はすべてのオペが終わり、
一段落していた時期。
ただ、回復に時間がかかり、
体力がどのくらい持つものか、それがやや心配でもあった。
準備も思ったようには進まなかった。

けれど、前にも書いたけれど、
「すべてを流れにまかせていこう」と行きの電車でふっと思えた。
着いて、自分のためにエンジェルカードを引く。
ここで売っています)

ドリーン・パーチューや中森じゅあんさんも同じタイトルのカードを出しているが、
私が使ったものはフィンドフォーンで開発されたもの。
以下、説明をちょっぴり引用。
ー72枚に示されたキーワードは物事の本質を表しています。
カードの意味や関連性を熟考するとき、
あなたの精神世界をより理解する手助けとなります。
 エンジェルカードは意識の探究を目的とし
フィンドフォーン・ファウンデーションにおいて開発されました。
内面世界の特定の状況に意識を集中しやすくするためのキーワードが
72枚のカードに書かれています。どの言葉を選んでも意味を深く考えるほど、
その言葉の特性が自分の生活に共鳴していることに気づくでしょう。
目的がはっきりしていればいるほど、
あるいは真剣に取り組めば取り組むほど
カードの選択はより強い意味をもつようになりますー

そして出たカードは「Authenticity」(確かなこと、信頼性、真正)だった。
ぴたりと来た。
私は流れにまかせていくことへの大いなる信頼、
根拠のない信頼感を持つということが今回のテーマだったのだ。
そしてそれは合宿の間中、とても確かな手応えであることを感じていた。
今までのように、
ささいなところにまで気を遣いすぎて迷うことがなくなっていた。
最後に即興ソロも踊ったが、
思わぬ展開になった。
スタッフからも「踊りが変わったね」と言われた。


合宿の終わりに引いたカードでは
「purpose」(目的、動機)が出た。
天使が岩山にピッケルを刺して、
登っている絵が描いてある…

むむ…
神様は次なる山に登れというのか…??
少しは休ませてくれよ…

とその時は思ったのだが。

先週末あたりに、
自分の中に
「やりきったな」という感じがあることに気づいた。
今回のがんに関しては、
自分自身がやるべきことはやりつくしたように感じるのだ。
ある意味、満足である。
もちろん、それは人それぞれで
比較して言っているものでもなんでもない。
ただ、自分の中の感覚だけのことだ。

今はまっしろな感じ。

そして、次に行くのだな。

再発の可能性はもちろんあるが、
そうなったとしてもそのときに考えればいいのだ、と思う。
今は不安がない。

死ぬ瞬間や
死へのプロセスを辿っていくことは
未知のことなので怖いかもしれないが、
死、そのものはあまり恐れなくなった。
身近なことにもなったから。


ところでこのエンジェルカード、
参加の皆様にも、いつも最初と最後に引いていただくのですが
おそろしいくらいぴったりのカードが出ます。
まさに天使からのメッセージそのもの。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-08-18 21:31 | カラダとスピリチュアリティ