乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:ホルモン療法 ( 10 ) タグの人気記事

先月、同僚の結婚式があり
昨年の夏に着たドレスを
着ようとしたところ。
背中のファスナーが全部あがらず、
臍を噛み締めました…orz…


今年からはゆるベジも
強化していたはずなのに、
体重増加はなぜ???
とあれこれ思いめぐらせていたところ。

思い当たったのは
バナナダイエット。

今年の初夏から
暑いと
房になっているバナナの品質を保つのが難しいので
中断していたのでありました。

従姉妹の嫁さんは
それで2キロ痩せたとも言っておりました。

確か、ミセス・ポワンさんの記事でも
見かけた記憶があります。

確かに、やめた夏以降
体重はじょじょに増加。
(計測はしていないけれど、
体重増減の目安になるような服を着るとすぐに分かる…!

体重増加は
ホルモン治療の副作用のひとつでもありますが、
治療してなくとも
更年期が近ければ、
気をつけないといけませんね。

朝バナナと、週に(できれば)3回程度の軽い運動、
そして呼吸法がわたくしのオススメでございます。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-11-15 01:43 | 食事

ゾラデックス最終日。

本日は待ちに待った、
ゾラデックス24打目、最終日だった。

病院に着くと
いつもより待合室が込んでいて、
2時間ちょっと待ち…というところだろうか。
たくさんの患者に対応してきた我が主治医は
疲れも見せずに対応してくれた。
こちらから何か言う前に
「最後だね!」と(笑)

ゾラデックスに感謝はしているけれど
もうお世話になりたくはないですよ…

来月の診察で今後の方針や計画がきまると思う。

終わって、
いつも漢方を処方してくれた
腫瘍内科のDr.にも経過を報告。


帰り際にバッタリ知人に会った。
病院で知り合ったわけではなく、
あるところでお会いしていたのが
たまたま主治医が一緒だったことが分かり
治療談義などしたが、
彼女は
9年前に温存・リンパ切除ののち、
ホルモン治療5年がすんでから
骨転移したという。

標準治療の他にも
保険外治療、東洋医学などをやっているという
話をする。

ステージも治療内容も違うけれど、
治療が奏功するのも
ほんとうにタイミングですね、というところに
話が落着いた。

誰かに奏功した治療でも
体力や治療の状況など、さまざまな
タイミングが合わなければ
それが効くとは限らない。

甥の例を考えても、
(白血病は治癒した、と言われていたのに
肺炎で落命した)
タイミングも運もあるのだろう、
とやはり思う。

私よりも長く治療を続け、
身体を張って仕事を続けている彼女を思うと
なんだか
ゾラ終わりっ!!と浮かれそうな気持も
ちょっとしぼんだけれど、
とても他人事とは思えないし、
だからこそ
こうしてまた今日という一日を
与えられているということの意味や
そしてまたあらためて
この病とのおつきあいは一生もんだよなあ、
という感慨に耽った。
今年は特に周りで亡くなった方も多かったので…

それでも、
ゾラデックスの終わりは
自分にとって、
ひとつの区切りであることは確かなこと。

この2年の経過を思うと
がんばってくれた自分の身体もありがとう、だし
ダメダメな状態を支えてくれたツレや
さりげない気遣いをして下さった友人達、
エールを送っていただいたり、
さまざまな情報を教えてくれたブロ友さんたちに
感謝です。



「悪いこと」というのも
そのときの受け止め方であって、
どんなにひどいと思えることであっても
自分がその中に
何を見つけて学べるかで
受け取り方が変わってくる、
というのが
ここ4年ばかり
大変なことの連続だった中から
得たことでもある。
もちろん、時間はかかるけれど…


未だ続く
ゾラデックス後特有の
頭痛はまだ続いていますが、
それをしみじみ味わいながら(笑)
明日に向かい歩いて行こう、と思います。


どんな明日であっても、ね。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-11-10 22:04 | ホルモン療法
ゾラデックスも
残すところ2回となった。

が、注射をしたあとの
アタマが締め付けられるような痛みは
変わらずにある。
今回は腹痛も少し。
(これはゾラのせいか分からないが…)

それでも以前ほど気にならなくなったのは
総体的に体調がよくなったからなのだな、と思う。

この暑い最中なのに
2~3日、
術側の右胸の筋肉が
収縮するような痛みがあった。
主治医に聞くも、原因不明。

ゾラデックス終了後は
一月後にモニタリング。
その際に今後の投薬をどうするか考えよう、
とのことだったけれど、
ノルバテックスを副作用により中断したので
それを復帰させる可能性は薄い、と主治医。


投薬が終わっても
しばらくは薬の影響が残るはずだが、
その後の自分の身体の状態を
きちんと確かめて行こうと思う。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-08-19 19:13 | ホルモン療法

ゾラデックス16打目。

昨日は診察日。

家を出るのが遅くなり、
病院に着いたのは12時過ぎ。
なんと、15分ほどで呼ばれた。
最短記録かも…

数えてみたら、
ゾラデックスもはや16打(笑)となりました。
残るは8打…
折り返し地点も過ぎた…(感慨)

主治医に健側、患側ともに
触診してもらい、
その後お腹を出すのです。
ゾラはお腹打ちなので…


先月は注射の後の頭痛も出なかったことを話す。
そしてリュープリン3ヶ月製剤の打診をしてみた。
主治医曰く、
3ヶ月の方が副作用が出る場合は大きく出る。
そして3ヶ月空くと治療中断されてしまうケースもある。
今までもそういうケースがあったので
それがちょっと心配でもある、とのこと。

むむ…
まあ、あと8打と思えばいいか。
月1回、お会いするのもやぶさかではないし(笑)

そして今回も
終了時すぐ出ていた
孫悟空の輪っかを縦にしたような
締め付け感のある頭痛は起こらなかった。

副作用が顕現するときは
夜のゴスペル練習にも行かれなかったけれど。

このまま続きますように、と祈る思いであります。

しかし身体の適応力なのか、
私自身の健康状態がアップしたからなのか、
副作用がないというのが
本当にありがたい。
今のままならゾラ延長もいいわよ〜、という気分だ(嘘)

やはり、
時がいちばんの薬なり。

ミナサマ、がんばりましょう!

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-02-11 23:09 | ホルモン療法

副作用はまだ続くのか…

本日、病院の患者サロンへ。

治療仲間さんに
今月の診察を休んじゃって、と話したら
いけませんよ〜、
2週間までなら注射は大丈夫だから、
と教えていただき
ワーカーさんからDr.につないでいただき、
夕方、ホルモン注射に駆け込み。

Nさん、Oさん、どうもありがとうございます。

注射後、
臨時で注射してくれたDr.が
「痛かったら皮膚に貼る麻酔剤出せますよ」
(注射前に貼っておけば針刺しのときに痛みを感じずにすむ)
と言ってくださったが、
大胸筋と筋膜を剥離した時の痛みに比べれば
これしきのことは何でもないです、と答えました(笑)


今月に入ってから
かなり体調が回復してきているのを感じている。
今日も、気がついたら
駅の階段を爪先立ちで登っているのに気づく。
けっこう長いこと、
カラダの重さを感じていて
それができなくなっていたけれど。

日曜は久しぶりに
所属バンド(現在自分はお休み中)のライブを
客目線で見るという体験をし、
そのあとの打ち上げで
ものすごく久しぶりに
電車もとうに終わった時間に帰宅。
翌朝は仕事だったけれど、
無事それも完了。

と、ご機嫌な日々でありましたが
注射の後すぐに
アタマが重くなり、
おまけに混んだ電車に乗ったので
気分が悪くなる。

体調が悪い時なら気づかないが、
不調が軽減されてきたからこそ、
敏感にそれが分かるんだな、と感じた。

ああ、やはり副作用からは
まだ逃れられないのかしら。
これさえなければ、と思うのだが
仕方がないですね。

友人たちには「大分元気になってきたよ」、とも言えるようになったが
注射の後はまだそうは言えないのかな…と思う。

事故で足の複雑骨折を負った友人が
体調も精神的にも復活できるまで
2年かかった。と言っていたことがあった。
やはりそれなりに時間はかかってアタリマエだよね、
と改めて自分にインプットさせる。

でも術後1年、ここまできただけでも
とりあえずヨシ!


というわけで、
本日は思考力低下中でありますので
シリーズもののアップは
明日以降に。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-11-25 21:57 | ホルモン療法
昨日のゾラデックス投与。

本日は睡眠も問題なく、
特に気にかかる問題もなく、
いつもより早く起きて
仕事にでかけたのですが。

きれいに物忘れしたことがあったり、
話そうとしても
頭がぼーっとして
いつものように切り返せなかったり。
(この症状は夏を越えてからは
ほとんどなくなっていたのに)

なんだか副作用の即効性(!)を
久しぶりに感じたことでありました。

昼夜の気温差があるので、
大胸筋が収縮し、
胸のつっぱり感と肩甲骨の内側に
痛みがあるのを感じる。

季節の変わり目を
身体全体で感じています(笑)

みなさまも
お身体お大切に…!


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-15 20:24 | ホルモン療法
本日は月1回の乳腺外科受診日。

今回でゾラデックス、12回目。
初オペからもうすぐ1年…

私の場合はリュープリン3ヶ月製剤は可能性ありやなしや?
と主治医に尋ねてみた。
(その方が安いから…)
ゾラデックスの3ヶ月製剤がもっと早く出ると思っていたんだけど、
と前フリがあり、
自分の場合は副作用(抑うつ感、意欲低下、倦怠感)の出現があるので
「あまりおすすめできない」とのこと。
やはり3ヶ月の方がキツいようです。
もちろん、個人差があると思う。
あくまでも自分の場合です。

先月から注射手技料の点数が上がったので
支払いも5,000円弱上がった。
でもこれ以上の副作用は考えるだけでオソロシイので
仕方ないな。

注射をストップしたら副作用も止まるか?との質問には
もうこれだけ続けているので
あまり変わらない可能性がある、と。
そして注射終了後も半年から1年は副作用の症状が
あると考えて下さい、とのこと。

ホルモン療法の道はけっこう厳しい…
さっきミクシイを見ていたら
抗がん剤よりもリュープリンの副作用が辛かった、
という方もいた。

終わって内科のDr.の診察。
こちらでは1ヶ月の経過を話し、
薬を出してもらう。
抑うつ感の原因となった問題から
シフトチェンジすることを決めたら
大分ましになった旨を話す。

自分としては
いろいろな事情を鑑みて
カミングアウトし、
切った後もがんは終わらないということを
理解されなかったことがあり、それが腹立たしかった、と話す。
今はもう仕方ないな、と思うし
自分もこんな経験をしなければ
理解できなかっただろう、と少しクールダウンできましたが。

「本当に想像力の欠落している人っているのよ」、とDr。

ほんとだよ…
でもカミングアウトしたことを後悔はしていない。
「人」が、よく見えたので。

微熱のことを伝え、
血液検査と尿検査。
腫瘍マーカーも(1年やってなかったぢゃないか、
主治医…)調べることに。

ちなみに
本日の待ち時間は
(連休明けということもあり)
2時間45分でした…。
おかげで柳田邦男の「犠牲〜わが息子 脳死の11日」
大分読み進めましたよ。

エコーの新しい機械が入り、
一人一人に時間がかかった模様。

本日もお疲れさまッス、主治医!


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-10-14 18:50 | ホルモン療法
先週、乳腺外科の主治医の診察へ。

術後の不調について話すと
では、と別のDr.を紹介される。
化学療法を担当している女医で
「漢方については彼女が詳しいし、
最終的には同性同士の方が分かる部分もあるよね」、とmy 主治医。

そして「i pod買ったよ、見る?」というので見せてもらった。
化学療法室の窓際に、
大きな(そして海外の知らないメーカーだったが、とても高そうな)
スピーカーが置いてあり、設置されたi pod(32GBの一番高いやつ!)から
クラシックが再生されていた。
話から推測するに、どうも自前で買ったものと思われる…

コトバでは言わなかったが、
化学療法をする患者のための
リラックスを考えているんだなと推測できた。
ナイス、主治医!

そして紹介されたO Dr.の診察室へ。
中にはカウンセリングルームのように
応接セットが置いてある。
そこで今の状態や症状(頭痛、体力の低下、ホルモン治療開始以来
出現する抑うつ感など)を話し、
ツムラの漢方手帳を見ながら相談して
まずは1週間分ずつ
23番の当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン。ホルモンバランスを調える)
70番の香蘇散(コウソサン。頭痛や腫れ、痛みを和らげる)を試すこととなった。
「たぶん、のみはじめて3日もすれば効果が分かると思う」とのことで、
お試し期間となる。

もともとは呼吸器で肺がんの患者を診てきて
化学療法に異動?したとのこと。
化学療法をすることで出てくる症状(だるさなど)には
西洋医学の薬は対応できず、漢方処方をするようになったとのこと。

さらに、「香りのあるものは大丈夫ですか?」と聞かれ
「大好きです」と言うと
オレンジ、ハイビスカス、ローズヒップなどをブレンドした
ハーブティーを出してくれた。

そしてアロマ談義になり、
入院中もアロマオイルとポットを個室に持ち込んでいたこと、
病院のセッションでは必ず使用していたことなど話すと
化学療法室で患者さんのために使いたいのだけれど
何がいいと思う?と聞かれ、
私のオススメの精油とその効能について話をする。

30分くらい話し込んだだろうか。
主治医の診察待ちのときは
たまらなく具合が悪かったけれど、
帰りには気分がすっきりしていた。

大きな組織の病院では
代替医療を持ち込むのは
むずかしいことと思う。
けれど、ちょっとした環境づくりでも、
こうしてDr.たちが率先して
治療の援助になることを取り入れて行こう、
という姿勢を見たことがほんのり嬉しかった。

治療は患者自身が選ぶものだと私は思うので、
大きな医療機関でも
患者の利益になると思われること、
援助になると思われることを
提供する機会がふえ、
患者の選択肢がもっと増えればいいな、と思う。
自分自身が臨床で仕事をする時の姿勢でもあるけれど。

そういう意味でも、
やはり治療者側、患者側、
両方の立場を体験し、考えることが
自分にとっても示唆を与えてくれる。
(やっぱり仕事バカなのだな…)

次回、O Dr.と話すのがちょっと楽しみ。
病院に行くのも楽しみがないとね…

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-06-23 20:08 | 病院治療

花冷え

本日は乳腺外科診察日。

思うところあって、
2週前よりノルバテックス(ホルモン剤錠剤)の
服用をストップしている。

不眠や抑うつは軽快したが、
物忘れがひどいことを伝える。
そしてゾラデックス(注射)は仕方ないにしても、
服薬をやめられないか、と
主治医に尋ねてみる。
おそらく効き目も、副作用も
ゾラの方が強いと思っていたので。

一般的にはゾラは2年、ノルバは5年らしい。
(時にゾラを5年投与する医者もいるらしい)
ノルバも黄体ホルモンのストップに
効き目はあると思うけど、
と言いつつも
では今回は薬を出すのをやめましょう、
とあっさり同意された。

あまりにあっさりと同意されると
ちょっと投げ出された気分にもなるが…

やはり再発はこわい。
けれど自分の生活のQOLを保つことと、
身体への見えにくい部分での影響を考えると
効果と副作用を
秤にかけるのはむずかしい問題。
主治医は乳腺外科で乳がんが専門であり、
身体をトータルに診るわけではないから。

けれど、治療を選ぶのは
自己責任なので
今回はこういう選択をした。

病院の近くの川沿いは桜の名所でもある。
日の当たる場所はすでに7〜8分咲き。
川沿いのカフェでランチ。

トマト煮込みのハンバーグ、温泉卵添え。
残念ながら、この2週間は「傷の治りが遅くなる」との
裏主治医の言葉により、卵とお酒は我慢です…

c0154672_18271294.jpg
c0154672_18281610.jpg
c0154672_1829316.jpg
c0154672_2316137.gif

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-03-27 15:45 | ホルモン療法

11月末からホルモン療法が始まり、
その副作用のせいもあり
12月はひどい抑うつ感に悩まされ
必要最低限のことしかできませんでした。
時系列で書いていたこのブログもストップしてしまい、
年賀状もほとんど書けずじまい。

やっと戻ってきたところなので、
現状から書きます。

抑うつ感の出現はゾラデックス注射1回目の次の週あたりから。
助けてもらった命なのに
気づくと「死んだ方がいいのではないか」と思っている自分に
あきらかに変だ、と愕然としたり、
それに気づきつつもどうしようもない状態であったり。
また、再建のオペも控え
肉体労働者の自分としては完全に回復した訳ではないので
焦りも募ったり、すべて悪い方に考えが傾いてしまう。

12月末の診察で主治医に抑うつ感出現のことを話し、
ツムラの25(ケイシブクリョウガン)を処方してもらい、
それが効いたのか、はたまたプラセボ効果か
だいぶ楽になってきました。

とはいえ、日によってはまだきついこともあり、
波が安定するにはもう少し時間が必要なようです。

術後2ヶ月半ほど経過した今は
術後1ヶ月と比べると
身体はびっくりするほど回復してきています。

エキスパンダーの入っている右側を下に寝ても痛くないし
身体のゆがみと傾きも減った。
腕のしびれや引き攣れ感もほとんどなくなった。
可動域も前と同じ、とまではいかないけれどかなり戻った。
身体が回復しようとするチカラ、
人工物をも受け入れて適応しようとするチカラは
ものすごいものだと実感します。
とはいえ、以前よりは疲れやすいのも事実。
お酒も弱くなった。

けれど、身体が回復してきたからこそ、
抑うつ感が出てきたのだとも思う。

ここ3年ほどで大きな喪失を立て続けに体験してきたので
それをやっと味わえる時期になっているのかもしれません。
「喪失のレッスンは人生でもっとも苦しいレッスンの一つである」
とキューブラーロスは「ライフ・レッスン」で書いているけれど
(すべての人にお薦めする名著!!)
その通り、厳しくも辛くもあるプロセスを辿っている。

主治医には詳しいことは話していないけれど
抑うつ感出現に関しては「喪失感もあるでしょう」と言い、
「再建するとね、みんなナイスバディになっちゃうんだよ。
そうすると気分もまた変わると思うよ」とあっさり言ってました。

ほんとに「ナイスバディ」になっちゃうのか?
いや、確かにそうだ、そう思い込もう(笑)


けれど、5日ほど前にこんな夢を見た。

アフリカかどこかの粗末な家の中にいる。
そこのお母さん(子供は10代半ばくらい、夫と住んでいる)は
病気か何かで具合が悪く、
椅子に座ったまま全く動かなくなっている。
顔を覗き込むとミイラのような乾燥しきった顔になっていて
表情も全くなく、
すでに死体のようにしか見えない。

臭う前に埋葬しなくちゃ、と思ったら彼女の口が動き、話しだす。
(治そうと思って)水を口にしなかったのだと言う。
次のシーンでは30代半ば?くらいの顔になり、
肌も目もいきいきとして笑顔でいる。
でもまだNINA(娘)の輪郭と色しか見えないのよ、と言う。
もう少し、というところらしい。

そこで「すごい…」と思って目が覚めた。
起きて、なんだか胸の辺りが開いている感じがあった。
たぶん、自分のこの状態も
もう少しのところなんだな、と直感的に思った。

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪


[PR]
by holyqueen | 2008-01-12 21:59 | ホルモン療法