乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:大腸内視鏡 ( 6 ) タグの人気記事

明日は大腸内視鏡

しばらく書き込めなかったけれど、
元気にしております。

更新がないのに
見に来て下さっている方もいるようで、
この細々ブログにとっては
嬉しいことです。
ありがとうございます。

さて、明日は
大腸がんポリープ摘出以後
ほぼ6ヶ月ぶりのの内視鏡検査。

ちょっとドキドキ。
前回の摘出部分がどうなっているのか、
新しくできているのかいないのか。

6月から、食生活も
かなりベジなものに変え、
にんじんジュースは毎朝しっかり飲み。

最近はチーズとか、ベーコンとか
時々スリップして口に入れることもあるけれど、
基本の食生活は地味に続けて。

まだ落ち込むこともあるし、
せっかく回復してきているのに
以前のようにエネルギッシュに仕事をしていない自分を責めることもあるけれど。

こんなふうに、今の日常は続いています。

ここ最近、ココロが曇りがちだったので
週末はワークショップで
身体も心もニュートラルにリセット、の予定。

ただ、生きている。
それだけを、感じたい。
そのすごさ、
そのつよさ、
それだけでいいのだということ、
それ以上でも以下でもないということを。

病気であってもなくてもね。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-10-29 23:58 | 病院治療

病理の結果。

先日の告知から、先週末、再度の受診。

病理結果が出た。


大小二つのポリープを切除。

小さい方は1Ommほどで、これは良性。
大きな方は25×18×16mm,
S状結腸の高分化腺がん。

深達度SM、
ステージ1の
SM1との診断。

がんは粘膜下層まで及んでいたが
そのうちでも浅い方であるということ。
(下層深部の場合は早期でも5~10%程度
リンパ節への転移の可能性がある、
ということだった)
今回の判定では転移は認められないとのこと。

検査報告書を見ると、
「断端陰性(深部)」と記載してあった。

この言葉をどんなに待っていたことか…!


今後は半年毎の内視鏡検査を2回、
その後は年1回の内視鏡検査を3年、
というフォローとなった。


結果が出たその日は嬉しかったが、
次第になぜかブルーな気持になる。


とにかく結果が出るまでは
日常や仕事に支障のないよう、
あまり考え込まないようにしていたが、
結果が出てほっとすると同時に。

昨年でとりあえずの終結、と思っていたのに
再びオペをすることになった、ということ。
そして転移でも再発でもない
新たな原発性のがんがあった、
という事実をあらためて考えると、
何とも言えない気分となったのだった。


乳がんの場合は
オペ前にいろいろ検査ができ、
その分情報検索も、心構えもする時間があったが、
今回は取ってみないといろいろなことがわからない…という点が
不安でもあった。


しかし、この短期間に
原発2つって…



とはいえ、
早期の段階で
がんであることが分かったのは
本当にラッキーだったと思う。


と、Dr.にも言われた。


ちなみに
今回のDr.はきわめて分かりやすく
丁寧に説明して下さいました。


もうしばらくがんの心配はしたくない…




オペ前には、
ちょっと不思議なシンクロニシティなど
あったけれど、
落着いてからまた書くこととします。





☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-06-10 19:28 | 病院治療

術後1週間の食生活

Dr.からは特に食事制限はなく、
よく噛むこと、繊維質のものを避けること
のみの指示だったが。

乳がんのときと違い、
表立った傷もないし、
術後にあまり痛みもなかったけれど
2週間はきちんと食養生しよう!
と決め、
毎食、おかゆを中心にした
離乳食のような食生活をしております。

今年から
奮発して(!)お米は無農薬のものにしたが
お粥に炊いてもつやつやした照りがあり、
ねっとりと甘く、おいしい。

副菜は動物性のものはなるべく控え、
のり佃煮/こんぶ佃煮/茶碗蒸し/豆腐/温泉卵
や、
カボチャ煮のペースト
アボカドのペースト豆乳クリーム和え
マッシュポテト
白菜と椎茸のおかか煮
明太子
など、
柔らかいものを中心に。

ふと思い立って
明太子にごま油をかけてみましたが、
ンマイ!
(昔、レバ刺しにごま油をかけて食べたことがあったのだが
それを思い出して…)
和風な食事にいささか飽きていたので
新鮮な風味でした。もちろんたらこでも良し。
お粥にもとても合うものでした。

週末からはパンやパスタも食べてみたけれど、
あと1週間は引き続き
基本やわやわごはん&カフェインレスな食事で参ります。

何しろモニターでスゴイイキオイの出血を見てしまったし、
オペと傷を引き受けてくれた大腸くんに
自分ができる最大のことは食事管理なので…

とはいえ、
カフェインレスはつらい。
大好きなコーヒー、紅茶、緑茶が飲めないのが
先週はけっこうストレスだった。
いかにお茶で気分転換をしていたのかがよくわかった。
(お酒もですけど…^^;)
カレーなどスパイシーな刺激物も
食べられないとなるとますます食べたくなるし、
街に出ると刺激が多すぎ。


今日はちょっと普通食に近づけて、
小松菜とカブのクリーム煮。

豆乳クリームと、
豆乳マーガリンのおかげで
大分助かっております。


c0154672_18564565.jpg


お花屋さんでひときわ美しかった芍薬(たぶん)。
香りもすばらしいです。
薔薇にも負けない!



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-05-25 19:06 | 食事

入院3,4日目、退院

手術の後はもちろん絶飲食で、
24時間点滴を受ける。

オペ翌日、入院3日目。
絶飲食で同じく点滴。
朝、採血とレントゲン撮影。
レントゲンは胸部と腹部。

腹部は腸に穴が開いていないかどうか確かめるため、と後から聞いたが
胸部に関しては特に説明はなかった。
(おそらく私の乳がんの既往歴を見てのことだと思うが…)

昼頃、採血の結果が出て
「出血量があまりにアグレッシブだったので、もう2日入院しましょう」と
Dr.より説明を受ける。
また、この日から水に限り(一日500cc程度)摂取可能となった。

点滴はしているものの、
喉はとても渇く。
水が飲めるだけでも本当にありがたかった。

乳がんのときとは違い、
術後の痛みがないのは幸いだったが、
点滴は電気ポンプ式で
コンセントを入れるタイプのもの。
トイレなどにはもちろん外して行くが、
ちょっと散歩したい、デイルームに行きたいと思って部屋から出ていると
20分ほどでバッテリー切れのアラームが鳴り出す。

病院の敷地にはちょっとした庭もあり、
木陰にはいくつものベンチもある。

4人部屋ということもあり、
天気に恵まれている時期でもあり、
外の空気が吸いたくて何度か出たけれど、
点滴スタンド、おまけにアラームつきでは
あまりゆっくりすることはできなかった。

なぜか頭痛が続いていたり、
絶食のせいでか
集中力がなく、
せっかくPCを持って行ったのに
一度も使うことができなかった。
まあ、4人部屋で周りは高齢の方ばかりで
音を立てることがはばかられる感じもあったのだが。
友人がお見舞いにきてくれたが、
話をする集中力も低下しているのを感じる。

空腹を忘れるためにも夜は早々に寝るが、
点滴交換や同室者のいびきのサラウンド(笑)などで
目覚めることもしばしば。

翌、入院4日目。

朝採血。
Dr.は「昼から食事をして大丈夫です。
経過観察して明日の朝退院にしましょう」と言う。

仕事の状況など
本日退院を希望する旨を話すと、

出血リスクがあること
出血が続いたり、発熱があったりしたら
病院に連絡すること
食事は普通で良いが、よく噛んで食べること
アルコールは2週間禁
運動はストレッチ程度の運動量なら問題なし

と説明を受け、許可が出た。

病理の結果は
2週間後の外来で説明されることとなった。
取り残しがあるかどうか、
粘膜下層まで浸潤があるかどうかも
顕微鏡での所見待ち。

それにより今後も決まるわけで、
まだまだ気は許せませんが、
とりあえず退院、嬉しかった。


c0154672_14545855.jpg



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-05-23 14:25 | 病院治療

入院、大腸内視鏡オペ。

5/18から入院してきました。


入院初日は10時前に病院入り。
その日は血圧、体温のチェックのみで
特に検査なし。
昼食と夕食は低残渣食。
流動食の一歩手前のようなものだった。
就寝前に下剤2錠。

翌朝、下剤1錠。
9時から腸の洗浄液2リットルを2時間かけて飲み干す。
グレープフルーツのフレーバーがかすかについていたが、
変な苦みもあり、ナースに氷をもらい投入。
それでなんとか飲める。

内視鏡オペは14時からとなった。

内視鏡は2回目なので、さほどの緊張はなかった。

まずは大腸内全体の見渡し(?)。
スコープで隅々まで?チェック。

と、前回、クリニック受診をしたときは
残りひとつと言われていたが、
もうひとつ、ポリープが見つかる。

いずれも無茎性のもので、
小さい方から取りかかる。
生理食塩水を注入し、
インディゴで組織を染め、
どこまで切断するのかDr.が見極めてスネアをかける。
電気が走った瞬間、お腹の中が少し熱くなる。

ひとつ目は大きさ1センチ程度のもので、難なく終了。
止血のクリップを6つつけられる。
摘出したポリープを目視確認させてくれる。

もうひとつは…
ポリープというには
見るからにアヤシい、もくもくと膨れたカタチをしている。
大きさもかなりある。
切除部分の同定、スネアをかけるのも
Dr.二人がかりで難航している。

やっとかかり、切除。
思わず『やった!』とココロの中で快哉をあげる。

が、切除後の出血が大変だった。
モニターの画面が血飛沫で真っ赤になる。
洗浄するそばから出血する中、
クリップをつける。
動脈の血管があったようで、
クリップの位置を決めるのもなかなか大変な作業だった。
その後、切除物の回収。
すぐに見せてもらったが、
予想以上に大きく(大きな梅干しくらいのサイズだったか)
なんだか禍々しいものに見えた。

通常15〜30分ですむと言われているが
1時間ほどかかった。
途中から下半身が冷えてきて少し気分が悪くなる。
貧血気味になっていたと思う。

病室までは車いすに乗せられた。
車いすを押してもらう側になるのは、
初めての体験だった。

その後ベッドにて安静臥床。



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2009-05-22 13:07 | 病院治療
ここからの続きになりますが。

3/6,近くの専門クリニックで大腸内視鏡検査を受けた。
ポリープが二つ見つかり、
ひとつはその場で摘出、
もうひとつは無茎性のため、
入院オペをすすめられた。

乳腺でかかっている現病院で
内科の予約を取り受診したが、
なんとなく腑に落ちない感覚があり、
転院を考え
時々風邪などのときにかかっていた
近所の内科クリニックに相談に行く。
(そこのDr.には以前、内視鏡検査が必要なら
Tノ門病院を紹介できると言われていたのだった)

事情を話すと
すぐに紹介状を書いてくれた。

そして、前回、現病院に持っていった
ポリープの画像を返却してもらおうと
電話をすると、
「こちらで保存すべきものなので返却できません。
かかったクリニックで再度紹介状を書いてもらって下さい」とのこと。

????
現病院でのオペ予約も取り消し、
そこではもう受診しないのに、なぜ?

今週の乳腺外科受診の折に
病院のワーカーさんに相談すると、
彼女がさっそくカルテ室に電話をし、
確認してくれたが
やはり返却できないと言う。

紹介状の宛先に
○○病院○○科と書いてある時点で、
その情報は病院のものになる、
という論理らしい。

…??
私の身体についての情報は
本来私自身に所属すべきものではないのか?

提出した資料は
大腸内視鏡の画像だが、
乳腺受診のときに
電子カルテを確認すると
すでに画像データとしてアップされていた。

なのに、紙媒体を返却してくれないのは
なぜ?
これって如何にもなお役所仕事ではないかしら。

…まったく腑に落ちないというか、
ユーザーのことが考えられていないシステムだな、と思う。

なんだかいろいろな病院をぐるぐるしているままで
なかなか進展がない。
来週、やっと外来を受診するが…

乳房から大腸への転移はないと分かっていても、
やはりまたがんではないか?という不安が出てくるのは
当然のことでもあり、
一時はちょっと落ち込んだ。


もっとシンプルにならないものかな。
治療情報の収集は
患者自身のやるべきことではあるけれど、
治療以外の部分で
手続きが煩雑だったり
時間がかかることは
本当にストレスになる。
現在の日本の医療の中では、
まだまだ患者は弱い立場なのだから。

摘出したポリープは
group4で、
がん一歩手前の状態だった、とのこと。
『4,5くらいの感じ』とも言われた。
さて、もうひとつが
どんな状態やら…



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

[PR]
by holyqueen | 2009-04-10 17:40 | 病院治療