乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
☆07年4月  
健康診断で エコーにて右乳房に影のあることを指摘される。
乳腺外科専門クリニックで、マンモ、エコー、組織生検ののち、
悪性であることを告知される。

(その2年前にも健診時にエコー映像より要検査を言い渡され、
某区立の健診センターでマンモとエコーを受診。
が、「膿胞」だと思うので、半年ごとに経過観察しましょうと言われる。
その際には生検は行わなかった。
半年後、同様の診断。
その後は父が肺がんになり、母の介護もあり、検診に行かれず。)


☆07年5月    
T病院受診。
マンモ、エコー検査。
「このタイプはやっかいだが進行が遅いものなので焦らなくてもよい」
と主治医に言われる。
以後、月1〜2回受診。

不安感から健康食品などにも意識が向く。
ジェイソンウィンターズティー、プロポリス等購入してみる。
食事も野菜と雑穀中心にしてみる。
代替療法で何とかならないものかと心のどこかで思っていた。

☆07年6月
代替医療として鍼灸院に通い始める。
治療は鍼のみではなく、その時の状態に応じて施術してくれる。
そこから紹介された東洋医学の神之木クリニックで波動測定。

告知以後も仕事は今まで通りに続ける。
生活面では精神的な不安定さ、疲れやすさを感じるようになる。
集中力の低下、考えのまとまらなさ、頭の回転の遅さなどが顕著。

CTの結果、リンパ節に影が見えると主治医に言われる。

☆07年7月
主治医の紹介により他施設でMRI撮影。
Hレディースクリニック受診。
主治医とH医師の診断により、リンパ節への転移なしを確認。
しかし浸潤性であるため、小さながん組織が全体に広がっている可能性もあるので
全摘をすすめられる。
オペは10月末に決定。
(既にそこまでの主治医のスケジュールは
びっしりという状態だった)
形成のDr.から全摘、同時再建の説明受ける。
横浜Sクリニックに脂肪幹細胞を使用した術式の説明を聞きにいく。

仕事は忙しさのピーク。
暑さ、忙しさ、心身の疲れの中で思考力がまとまらないままに
自分自身でどの道を進むかを判断しなければならない時期であった。

☆07年10月  
20日入院、22日手術、全身麻酔。およそ7時間ほどかかる。
30日退院。計12日間入院生活。

右乳房全摘、センチネル生検、
同時再建の手始めでティッシュ・エキスパンダー挿入
挿入時は350ccの生理食塩水入り。
通常のケースより大胸筋が発達していたため、
大胸筋剥離による痛みが激しい。
術後3日ほどはほとんど動けず、
5日はベッド上での体位変換も、腰と患部の痛みにより
かなり難しかった。

◆ 診断名< 浸潤性乳管がん grade2 >

このタイプは乳腺全体に広がり、
しこりなどの自覚症状が少なく、マンモで見つかりやすい。
自覚症状のないまま、マンモで発見され、
全摘という結果になるケースが多いとのこと。


☆07年11月 
病理検査の結果、今のところ転移はなし。
ホルモン療法開始。
月1回の注射(ゾラデックス3,6mg)と
内服薬(ノルバデックス20mg)

1週間おきにエキスパンダーに50ccずつ生食を追加。
最終的に500ccまで注入。
術後1ヶ月ほどで、やっと患部側を下にして横臥できるようになる。


☆07年12月 
不眠、抑うつ症状出現のため
(Dr.によると出現が意外に早かったとのこと。
注射の影響が大きいとのこと)
ツムラ25番ケイシブクリョウガン  
睡眠導入剤 ハルシオン0,25mg→ドラール に変更
抗不安剤 メイラックスを追加。
  
          
☆08年1月  
再度の抑うつ症状。
ほか、目のかすみ、
記憶力の低下が顕著。

☆08年2月
節分の頃から抑うつ症状は軽快。
東洋医学クリニックにてツムラ106番温経湯を処方してもらう。
身体的な疲れを感じることが多い。
入院が近づくにつれ、就寝時間が遅くなる。

☆08年3月 
2次再建のため、3/3入院、3/4オペ。  コヒーシブタイプのシリコン挿入。
3/5退院。
術後翌々日には患側を下にして寝ることもできた。

※4/23~5/14までNY滞在。
記銘力の低下、頭重感、反射的にコトバが出ないなどの症状があった。
時折抑うつ感の出現もあったがなんとかやり過ごせる。

☆08年5月
再び抑うつ感出現、診察時に主治医に伝える。
ツムラ24番加味逍遥散を処方される。

☆08年6月
3次再建のため、6/2入院、6/3、4時間のオペ。
健側の乳房縮小及び患側の一部形成。
6/6退院。
思ったよりも予後が悪く、気力、体力の低下が顕著。
回復を感じるまでにほぼ1ヶ月かかった。

☆08年7月

ツムラ、23番、24番を出してもらう。
抑うつ感、頭重感にはかなりの改善あり。
仕事も忙しくなってきたので
そのせいも大きいかと思うが、
抑うつ感がかなり軽快した。
記銘力の低下はまだあるものの、
反射的にコトバが出なくなることは大分減る。

形成の診察は今まで基本月1回であったが、
以後は3ヶ月後となる。

☆08年8月

毎年の大きなイベントを終え、一息。
すべてが一段落して
新しい展開になっていく予感がする。
再発について考え始める。
後半、自分の深いところでの変化についてはっきりと感じる。
それに対応してなのか、
様々な場や人との間に齟齬や問題が出現。
初めて病院の患者サロンに参加。

☆08年9月

先月よりシンクロニシティが続くこと多し。
仕事は通常通りにこなせるが
精神的、身体的には不調多い。
早朝覚醒、中途覚醒などあり。
時々吐き気の出現。

☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2012-12-30 01:32 | 病院治療