乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

副作用はまだ続くのか…

本日、病院の患者サロンへ。

治療仲間さんに
今月の診察を休んじゃって、と話したら
いけませんよ〜、
2週間までなら注射は大丈夫だから、
と教えていただき
ワーカーさんからDr.につないでいただき、
夕方、ホルモン注射に駆け込み。

Nさん、Oさん、どうもありがとうございます。

注射後、
臨時で注射してくれたDr.が
「痛かったら皮膚に貼る麻酔剤出せますよ」
(注射前に貼っておけば針刺しのときに痛みを感じずにすむ)
と言ってくださったが、
大胸筋と筋膜を剥離した時の痛みに比べれば
これしきのことは何でもないです、と答えました(笑)


今月に入ってから
かなり体調が回復してきているのを感じている。
今日も、気がついたら
駅の階段を爪先立ちで登っているのに気づく。
けっこう長いこと、
カラダの重さを感じていて
それができなくなっていたけれど。

日曜は久しぶりに
所属バンド(現在自分はお休み中)のライブを
客目線で見るという体験をし、
そのあとの打ち上げで
ものすごく久しぶりに
電車もとうに終わった時間に帰宅。
翌朝は仕事だったけれど、
無事それも完了。

と、ご機嫌な日々でありましたが
注射の後すぐに
アタマが重くなり、
おまけに混んだ電車に乗ったので
気分が悪くなる。

体調が悪い時なら気づかないが、
不調が軽減されてきたからこそ、
敏感にそれが分かるんだな、と感じた。

ああ、やはり副作用からは
まだ逃れられないのかしら。
これさえなければ、と思うのだが
仕方がないですね。

友人たちには「大分元気になってきたよ」、とも言えるようになったが
注射の後はまだそうは言えないのかな…と思う。

事故で足の複雑骨折を負った友人が
体調も精神的にも復活できるまで
2年かかった。と言っていたことがあった。
やはりそれなりに時間はかかってアタリマエだよね、
と改めて自分にインプットさせる。

でも術後1年、ここまできただけでも
とりあえずヨシ!


というわけで、
本日は思考力低下中でありますので
シリーズもののアップは
明日以降に。


☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
乳がんのこと、治療のことをもっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押してね♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2008-11-25 21:57 | ホルモン療法