乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今年のRFL in 新横浜

前回の日記でも書きましたが、
リレーフォーライフで
今年もゴスペルを歌って参りました。


19時本番の前に
15時から2時間40分くらいのリハーサル。

その最後に、
クワイアのメンバーに向けて
なぜ出演することになったか、
という関わりを話しました。

父ががんで他界した4ヶ月後に
自分も告知されたこと。
初めて自分のこととして「死」と向き合ったこと。
そんな混乱状態の中で
ゴスペルとの関わりがとても深くなったこと。

さらりとかいつまんで話したつもりだったけれど、
自分の声も少し震えていたし、
それを聞いてくれたメンバーの中から
鼻をすする音が聞こえた。

さまざまな場面でカミングアウトはしてきたけれど、
返って辛い目にあうこともあり、
話すことには逡巡があったのも事実。


でも、
わたしのことだけでなく、
「がんは切れば終わるものではなく、
そこからが勝負」ということにも少し触れ
(あまり知られていないから)
今つらい治療をしているひとたちのことを思い、
エールを届けたい、
という気持に
メンバーの中の方も共感してくれたのでは、
と思っています。勝手にですが。


クワイアディレクターも
サバイバーであるので
そのあとに実感のこもった言葉を添えてくれた。


そして本番に臨む。

日はとっぷりと暮れ、
広いグラウンドには、
亡くなった方への思いや、
闘病中の方の思いが
描かれた灯籠(ルミナリエ)が並んでいる。


今生きていることへの感謝の歌、
どんなにつらいことがあっても
あなたは絶対にそれを乗り越えられるという歌、
わたしは亡くなってもタマシイはそこにいるんだよ、という歌、
など、
7曲を歌う。


途中で少し MCもさせてもらった。


終わって、グラウンドに出たら
治療仲間が来ていて、少し立ち話。
久しぶりに会え、元気そうで嬉しかった。

歩き始めたら、
声をかけてくれた女性がいた。
「輝いていましたよ」と言って下さり、
とても嬉しかった。

そして、
お互いの病気のことを話し
来年、またここで会いましょう!
と約束して別れた。


今回は足指骨折をしていたので
思うようなパフォーマンスも出来ず、
悔しい気持もあったけれど、
迷う気持の後押しや
現実的なサポートをしてくださったみなさまのおかげで、
無事に終えることが出来ました。


そしてRFLのスタッフの皆様、
参加グループの皆様、
本当にありがとう&お疲れさまです。

夜通しの作業なので
どうぞ
風邪など召しませぬよう。



ステージに椅子まで用意して、
歌の合間では座っていたけれど、
アップテンポの曲では
やっぱり踊っちまったぜ、自分…

そして今年もルミナリエの写真、
取り損ねた…



☆☆☆☆☆☆☆

いつも読んでいただいてありがとうございます。
がんのこと、がん治療のこと、
そしてあらゆる病気から得られるギフトについて
もっと多くの方に知ってほしい!ので
ぽちっと押して下さるとさいわいです♪



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
[PR]
by holyqueen | 2010-09-19 15:52 | ゴスペル