乳がん治療と乳房再建、そしてこの病気からどんなギフトを得るのか?自分の体験を通して、病気とは人にとって何なのかを観察記録していきます。


by holyqueen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

とうとう右胸全摘手術

10/21(月)

7:30頃目が覚める。
8:30に乳腺外科の主治医が来室、点滴準備をする。
夫と友人M嬢が「出陣」を見送りに病室に来てくれる。
朝早くから、なんとありがたいこと…

けれど、自分も緊張のあまり、
そして徐々に効きつつある
麻酔準備の点滴と、
なんだか慌ただしい空気で
ろくに言葉が出てこなかった。

点滴をつけたまま、
ストレッチャーに移動して
ガラガラ引きずられながら手術室まで。
天井を見ながら移動したのは生まれて初めてだったので
ああ。ビデオ撮ればよかった、などと考える。

二人とも入り口まで見送ってくれる。
夫はそのままオペが終わるまで待っていてくれるとのこと。
切除した組織を写真に撮ってくれるよう頼む。

手術室に入り
オペナースに「ALWAYS」のCDを渡し、
リピートでかけていて下さいとお願いする。
そのうちに主治医がなんだか大きな機械を引きずって入ったところで
記憶が途切れた…


主治医の声かけで目が覚める。
15:30頃。
予定より2時間以上遅れた。

摘出範囲が広かったことと、
大胸筋が発達していて剥離に手間取ったと後から聞く。

意識がはっきりしてくるにつれ、
痛みが相当ひどくなってくる。
体位の変換も、もちろんできない。
カテーテルもつけているし、
水も飲めない。

いわゆる絶対安静臥床、というやつである。
手を貸してもらって少し動こうとするだけでも
胸に激痛が走り、怒り(?)の叫びが出てしまう。
ナースをびびらせてしまった…ゴメンナサイm(_ _)m

痛さのあまり涙も出る。
きっと様子を見ながら
夫はおろおろしてただろうな〜…

痛み止めと、夜には眠剤をもらうが、
1時間半くらい毎に、ナースが体位変換に来てくれる。
右に体重がかからないようにしているので
(重さがほんの少しでも右にいくだけで痛かった)
たった一日なのに
左側の座骨あたりにずっと体重がかかり、かなり痛い。
褥瘡はこうしてできていくものなのだ、と
身をもって体験する。
もうしたくないけど…

携帯にたくさんの友人から激励&お見舞いメールが入っており、
夜には返事を書いたりもできた。
その方が痛みから気をそらすことができてよかった…

同時再建で
エキスパンダーを入れたせいか、
このときはまだ「喪失感」は感じなかった。
[PR]
by holyqueen | 2008-02-19 22:35 | 全摘&1次再建